次亜塩素酸コモスイでウイルス対策!赤ちゃんやペットにも安心

こんにちは、こんです。

冬場はインフルエンザや胃腸炎などが流行しますよね。

特に胃腸炎のウイルスは、アルコール消毒では効果がないので「次亜塩素酸」で行う必要があります。

今回は、我が家が取り入れている次亜塩素酸「Comosy(コモスイ)」を紹介したいと思います。



冬場の大敵「ノロウイルス」ってどんなもの?

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、1年中発生しますが、特に冬季に流行します。

手指や食品についたウイルスを口から取り込むことで感染し、嘔吐や下痢、腹痛などの症状が現れます。

乳幼児から成人・高齢者まで、年齢に関係なく発症します。

現在、ワクチンや効果的な治療薬はないため、脱水症状を防ぐなどの対処療法がとられます。

ノロウイルスにかからないために
・手洗いやうがいをしっかりする。
→ 石鹸でウイルスを殺すことはできないが、手の汚れを落とすことでウイルスを剥がれやすくする。
・吐物や便にウイルスが大量に存在しているので、しっかりと処理をする。
ということが大切です。

ノロウイルスと消毒剤

ノロウイルスは、色々な消毒材に高い抵抗性のあるウイルス。

アルコール消毒では効果が薄く、塩素系の消毒剤(次亜塩素酸ナトリウム)による消毒が効果的です。

いろはちゃん

なんとなく「塩素系」と聞くと危険な気がして・・

小さい子どもがいる家庭で、安心して使えるものってないの?

そこで私が買ったのが「コモスイ」という次亜塩素酸系消毒薬です。

コモスイってどんなもの?

コモスイ

コモスイは人体や食品、ペットにも無害の除菌・消臭剤です。

食品添加物の「次亜塩素酸ソーダ」と希塩酸と水を混合して作られています。

この2つは厚生労働省が認可した食品添加物で、人体やペットにも安全なものです。

コモスイの安全性はどれくらい?

コモスイは菌に触れたり有機物に触れると普通の水に戻ります。

例えば、間違ってコモスイを飲んでしまった時も、胃腸に達する前に有機物と反応して水に戻るため、人体に影響を与えず無害なんです。

コモスイは弱酸性で水に近い状態で生成されるため、手あれや皮膚の炎症をほとんど起こしません。「手を水で洗うのと同程度」と言われており、とても肌に優しい製品です。

こん

子どもの手が届かないところに置くことは大切だけど、万が一の時でも安心。

小さな子がいるご家庭でも安心して使える製品ですよね!

コモスイの除菌力はどれくらい?

同じ濃度の次亜塩素酸ソーダと比較すると5〜6倍の除菌力があります。

また、プロの臭気判定士(国家試験認定)による測定で、5段階評価で全員が2の「かなり減った」と答えました。

コモスイ 臭気判定

臭いの5段階評価
5:変わらない
4:あまり変わらない
3:減った
2:かなり減った
1:全くしない
C:臭いが変わって気になる

主に生ゴミなどの腐敗菌の消臭に効果があります。アンモニア臭にも効果があるので、介護や育児の現場でも活用できそうです◎

コモスイはどれくらいの期間もつの?

約3ヶ月で濃度が約15%低下します。効果はありますが、6ヶ月くらいで使い切ると良いようです。

こん

我が家ではコモスイを10倍に薄めて加湿器に入れています。

毎日の加湿なので、余ってしまうということはないですね。

常温で、冷暗所(紫外線が届かないところ)に保管します。
うちでは、コモスイを1に対して、水を10の割合で薄め加湿しています。
コモスイを薄めて加湿しています
コモスイの原液は、スプレーボトルに入れています。
コモスイ スプレー
ドアノブや洗面所、トイレの消毒に使っています。
その他の使用例はこちら(⬇︎)
コモスイの使用例

こん

色々なものに使えて、安心なコモスイ。

特に冬の間は、ストックを絶やさないようにしようと思います。

最初はスプレーボトル付きがおすすめ◎




おすすめの記事