キューズベリークロス抱っこ紐をセカンドで2年使って感じた魅力

こんにちは、こんです。

赤ちゃんのお首がすわり身体がしっかりしてくると、メインの抱っこ紐とは別に軽くてコンパクトになる抱っこ紐が便利になります。

今回は、日本の職人さんが手作りのキューズベリーのコンパクト抱っこ紐(フリーサイズ)をご紹介します。

疲れにくいのにコンパクトに持ち運べて、デザインもおしゃれ!という三拍子揃った抱っこ紐です。

しっかり体重分散!コンパクト抱っこ紐「フリーサイズ」

メインの抱っこ紐はエルゴベビーを使っていたけど、毎日の寝かしつけや、出先でぐずった時のためにコンパクトになるクロス抱っこ紐を探していた私。

実際に探してみると、一般的なクロス抱っこ紐は肩ベルトだけのものが多いことに気がつきました。

こん

肩こり(頭痛)しやすい私には、子どもの体重を肩だけで支えるのはしんどい・・。

「腰ベルト付きのクロス抱っこ紐」で調べると、キューズベリーのクロス抱っこ紐を発見!

両肩&腰で支えるのって大事ですね

コンパクト抱っこ紐「フリーサイズ」です!
【注意】コンパクト抱っこ紐「サイズあり」には腰ベルトはありません。

少しの違いのように思えるけど、この腰ベルトがあることで、抱っこがグッと楽になるんです!

こん

私が使っていた時よりさらに改善していて、今のモデルには肩に綿が入っているそうです◎

布にも軽く感じる工夫が◎

クロス抱っこ紐に使われている帆布生地は、ヨットの帆やテントにも使われるもの。

数多くの帆布生地から、赤ちゃんの抱っこ紐に適した厚みと軽さのものが選ばれました。

丈夫で、ある程度の厚みがある生地だから、生地が変形せず赤ちゃんの体重を支え、ママにかかる力も分散できます◎

キューズベリーはこんなにコンパクトになる!

サブの抱っこ紐を選ぶ時、コンパクトになるというポイントは重要です。

マザーズバックにポン!と入るサイズが良いわ。

しょうこさん

キューズベリーのクロス抱っこ紐は、なんと付属の巾着に入るくらい小さくなります!

巾着の大きさは縦約27cm×横約27cm。重さは約600gとコンパクト!

こん

500mlのペットボトルが540gだから、少し重いぐらいです◎

ベビーカーメインのお出かけや、車移動が多い時、荷物が多くなる旅行先でも。バッグに入っていれば、急な抱っこも慌てずにすみます。

こん

子どもが歩くようになってからは、「一応持っていくか!」という感じでバッグにいれておきました。

1人で簡単に装着ができる!

キューズベリーのクロス抱っこ紐は、装着がとにかく簡単。

装着が難しいものはムリ!という私ですが、何度か練習するだけで簡単につけられるようになりました。

赤ちゃんを起こさない前開きジッパー

赤ちゃんは「背中にスイッチがあるの?!」と思うほど、抱っこ紐から降ろす時に起きることがしばしば・・。

キューズベリーのクロス抱っこ紐は、前側のチャックを開けると、スルスル〜と赤ちゃんを寝かすことができる仕様。

こん

これがとにかく便利!

毎日の寝かしつけはエルゴではなくキューズベリーを使っていました◎

クロス抱っこ紐には珍しいヘッドカバーもついていて、ぐっすり寝ている赤ちゃんの頭をしっかり支えることもできます。

コンパクト抱っこ紐「フリーサイズ」のカラー

クロス抱っこ紐はシンプルな全6色。

 
 ベージュ ペールスタッコ
   
 オリーブグリーン アースグレー
ブラウンベージュ  ブラウン
コンパクト抱っこ紐 フリーサイズ

素材:綿100%

重量(帆布):約540g

ウエストサイズ:約100cmまで

価格:16,060円(税込)

落ち着いた色だから、パパもママも使いやすそうね!

しょうこさん

まとめ

約2年間「セカンド抱っこ紐」として使いましたが、電車でぐずった時もサッと装着できて本当に助かったし、前開きジッパーのおかげで夜の寝かしつけも楽々でした。

正直ここまでハイスペックで、工夫がされているクロス抱っこ紐は貴重だと思います。

ぜひ検討してみてくださいね!