ダイソーイラストマーカーの使い方。種類や塗り方も紹介!

こんにちは、こんです。

ダイソーで、ずっと売り切れていたイラストマーカー。

ついに在庫が入り、買うことができたのでレビューしたいと思います!

全10種類、20色で1,080円!

こちらがダイソーの「イラストマーカー」。全部で10種類、計20色です。

2本が1セットになっています。

ツインタイプで、片側は7mmの太字、もう一方は1.0mmの細字です。

イラストマーカーの種類

\1〜5番のカラー/

左から、

1. ペールオレンジ・レッド
2. オレンジ・イエロー
3. ライトグリーン・グリーン
4. ウォーターブルー・ウルトラマリン
5. ライトパープル・ピンク

 

\6〜10番のカラー/

左から、

6. イエローオーカー・ダークブラウン
7. ライトクールグレー・ライトウォームグレー
8. ミディアムクールグレー・ミディアムウォームグレー
9. ダーククールグレー・ダークウォームグレー
10.ブラック・クリアブレンダー

イラストマーカーには「グレー系」が多く揃っています!

グレーだけでなんと6本!

暖色系のグレー「ウォームグレー」と、

寒色系のグレー「クールグレー」

クールグレーとウォームグレーの違いはこんな感じ!

イラストマーカーのぼかし方(クリアブレンダー)

クリアブレンダーは、マーカーの色をぼかしてくれるペンです。

均一な「べた塗り」を、まるで水彩のようにできちゃう優れもの!

⬇︎左側はレッドでベタ塗りしたもの。右側はレッドでベタ塗りの後、クリアブレンダーでぼかしたもの。

このリンゴは極端にぼかしてみました。

クリアブレンダーは「他の色とつなげたい時(グラデーションなど)」に使うと自然な仕上がりになります。

(次の項目で、女の子の瞳にクリアブレンダーを使っているので参考にしてみてください。)

試しにイラストを描いてみた

使用感を試すべく、イラストに色を塗ってみることに。

まずは下絵を描いて、

ペンを入れて、

できた!


「マウンテンパーカー女子」です。笑
(※マウンテンパーカーの描き方は、グットピ!さんを参考にさせていただきました!)

\使ったカラー(クリックで拡大します)/

髪の毛

(7)ライトウォームグレー
(8)ミディアムウォームグレー
(10)クリアブレンダー

(1)ペールオレンジ
(7)ライトウォームグレー

マウンテンパーカー

(7)ライトクールグレー
(3)グリーン
(6)ダークブラウン
(10)クリアブレンダー[/box05]

塗ってみて気がついたこと

単色が多いので、色のグラデーションが難しい!

例えば、赤系だと「レッド」「ピンク」「オレンジ」といったように、色味が違うカラーが揃っているので、初心者の私には、綺麗なグラデーションを作るのが難しく諦めました。

赤とピンクの間の中間色・・といったように、中間色が発売されたら嬉しいなあと思います。

ライトウォームグレー、ライトクールグレーが最高!

陰影をつけたい時に、とにかく大活躍したのが「ライトウォームグレー」と「ライトクールグレー」でした。

先ほどのイラストの全てに、この2色のどちらかを使っています。

例えば髪の毛の塗り方は、

❶ ライトウォームグレーを塗る
❷ ミディアムウォームグレーを毛先に塗る
❸ ライトウォームグレー(太字の方)で、境目をサッサッっとぼかす

といった手順。

グレーが入るので、全体的に落ち着いた印象の絵に仕上がりますが、個人的には好きな色合いになりました。

キャップが固い!!

これは、残念ながらイラストマーカーのデメリットです。

とにかくキャップが固い。私のは「フギギギ〜!」と開けるレベルでした。1本50円と考えると、私は許せました。

<注意> 全てのイラストマーカーに当てはまるわけではないと思います。

【追記】使って数日、開け閉めを繰り返しているうちに開けやすくなりました!良かった!

総評としては・・

1,080円だということを考えると、キャップが固いことを除けば(最初だけ)個人的には満足の商品です。

1つのカラーに、ライトウォームグレーまたはライトクールグレーを重ね合わせていけば、深みのあるイラストになります。

太字でべた塗りもできるし、クリアブレンダーで水彩のようにも仕上がり、色々なタッチのイラストを描くことができると思います。

気軽にコピックの練習ができる、良い商品だと思います!ぜひチェックしてみてくださいね!

ダイソーのマーキングペンとマイルドライナーの違いを検証してみた