抱っこ紐

エルゴの正しい付け方・使い方!腰ベルトや肩ベルトの調整は?足が開きすぎ?

こんにちは、こんです。

このブログでも度々紹介しているエルゴベビーの抱っこ紐。肩腰が楽で、赤ちゃんも快適なので人気があります。

しかし!抱っこ紐は正しい位置につけないと、お母さんにも赤ちゃんにも負担がかかってしまいます

快適な抱っこをするために、正しい位置・付け方を確認していきましょう!

エルゴのインスタグラムがわかりやすいので、引用しながらご紹介します。

エルゴの正しい位置ってこのくらい!

まず、エルゴの正しい抱っこの位置を見てみましょう。

ベストなのは、ズバリこの写真(⬇︎)くらい。

画像:Ergobaby Instagram

エルゴベビーでの抱っこは、

お母さんが、赤ちゃんの頭にキスできる位置

で抱っこするというのが大きなポイントです。

画像:Ergobaby Instagram

これを踏まえて、抱っこ紐を付ける工程ごとに詳しく見ていきましょう!

① 腰ベルトの調整

まずは腰ベルトを巻きます。

お母さん
お母さん
お友達から「エルゴの腰ベルトは骨盤のあたりに巻くんだよ」って教わったんだけど・・?

さっきの写真を見ると、思ったよりも抱っこ紐が上にくるんだね。

そうなんです!

腰ベルトを下の位置(骨盤のあたり)に巻くと、赤ちゃんの背中は反り、身体に負担がかかってしまいます。

腰ベルトも緩むので、お母さんも赤ちゃんの体重をしっかり支えられず、重く感じてしまいます。

腰ベルトは、ウエストの一番細い位置に巻き、隙間のないようしっかり締めましょう

こん
こん
素手の抱っこと同じ高さが、抱っこ紐でもベストになるんだよ。
お母さん
お母さん
腰ベルトをウエスト位置につけると、赤ちゃんをふんわり・まるく抱っこできてるみたい!
こん
こん
その通り!

この位置は、赤ちゃんにはもちろん、抱っこする人の身体にも負担がかかりにくくなるんだよ。

+++

腰ベルトの締め方はとても簡単!

いち、に!とベルトを上下に動かすと簡単に締まります。(クリックで拡大します)

➡︎

パッドは、しっかり腰に当てるようにしましょう。


腰のパッドがしっかりしているADAPT(アダプト)OMNI(オムニ)360は、赤ちゃんの体重が重くなってきても、身体の負担を軽くすることができますよ。

エルゴ「アダプト」と「オムニ360」の違いを徹底比較!こんにちは、こんです。 エルゴの抱っこ紐 OMNI360(オムニスリーシックスティ)とADAPT(アダプト)は、今やエルゴベビーの...

肩ベルトの調整

赤ちゃんを抱っこし首のバックルを留めたら、肩ベルトの長さを調整しましょう。

赤ちゃんの快適な姿勢は、コアラのように背中をくるんと丸めた姿勢です。

ですが肩ベルトが長いと、赤ちゃんの背中が仰け反り、お母さんを見上げる苦しい姿勢になってしまいます・・。

(↓)写真 右側の「NG」という抱き方ですね・・

出典:Ergobaby Instagram

こん夫
こん夫
このNG例は、腰ベルトの位置が低い&肩ベルトが長くなっているよね・・。

GOOD例のように改善する方法は、とても簡単!

まず先ほど説明した通り、腰ベルトをウエスト部分に巻いて、抱っこ紐の位置を高めにつけます。

赤ちゃんを抱っこし首のバックルを留めたら、お母さんと赤ちゃんの間(お腹のあたり)に手のひらを入れてみましょう。

「手のひら一枚分の空間」が適したスペースです

大人の拳が入る程だとスペースは空きすぎ。肩ベルトが伸びていないか確認しましょう。

肩ベルトを短くするには、

黄色で囲ってあるベルトを矢印側に引っ張ります。

こん
こん
この時、赤ちゃんのおしりを、片手で軽く持ち上げながらベルトを引くとうまくいくよ。

OMNI360やADAPTは、ベルトが正面にあるから手が届きやすくて便利。

荷物を持っていたり、コートを着ていても調整しやすいですよ。

➡︎エルゴベビー公式オンラインストア

赤ちゃんの足の開き方・おしりの乗せ方

私がエルゴを使っていた時、エルゴの抱っこ紐は足が開きすぎなのでは?と心配するお母さんが多くいました。

大人の感覚からすると、たしかに開きすぎに見えますよね・・!?

でも大丈夫!

赤ちゃんは、おしりを一番下と見た時にお膝が斜め上にあがるM字の足(カエル足)が自然

反対に、足を真っ直ぐ下に降ろす抱き方はNGなんです!!

真っ直ぐ伸びている足に力をかけてしまうと、股関節脱臼を起こす危険もあります💦

扇谷先生
扇谷先生

新生児の脚はM字型に開きます。これはお腹の中にいる時の丸い姿勢と同じ。

3カ月頃までは無理に脚を伸ばさず、自然に脚を広げ、膝が曲がった状態の抱っこを。

後天的な股関節脱臼の予防にもつながります。

(おおぎや整形外科院長 扇屋浩史先生)
引用:DADWAY公式サイト

M字の足で抱っこするためには、赤ちゃんのおしりを抱っこ紐の座面にしっかり入れることが大切です。

抱っこ紐をグッと引き上げながら、布をおしりに密着させると良いですよ

膝の裏まで、しっかり包むように抱っこしてあげてください🌟

抱っこ紐から足がうまく出ない時は?

まず、抱っこ紐と赤ちゃんのおしりの間に手を差し込みます。

赤ちゃんのおしりを手前(お母さんのお腹側)に引き寄せながら、抱っこ紐を上の方向に引き上げると収まりが良くなりますよ!

抱っこ紐の買い替え時は?

使用頻度の高い抱っこ紐、買い替え時も気になりますよね。

日本でエルゴベビーの正規取り扱いをしているDADWAY(ダッドウェイ)は、抱っこ紐は3年もすれば劣化するものであり、一人の赤ちゃんに、一つの抱っこ紐を使うことを推奨しています。

年齢の近い兄弟だと「買い替えがもったいない」と思いがち。

しかし、長年使った抱っこ紐は型崩れしたり、ベルトが緩んできたりと、赤ちゃんを支える機能が不足してきます。

大切な赤ちゃんに何かがあってからでは遅いので、メーカー推奨の時期を目安にすることをお勧めします。

(⚠️使用状況によっては、もっと早くに買い替えが必要になる場合もあるので注意してください。)

買い替えの目安をまとめたので、こちらの記事も参考にしてみてください。

エルゴベビーなど抱っこ紐の寿命は?危険性と買い替えのタイミングこんにちは、こんです。 毎日の子育てにあると便利な「抱っこ紐」。 このサイトでは、子育て世代から支持の高いエルゴベビーの魅力...

まとめ

エルゴの抱っこ紐の調整方法をご紹介しました。

ちょっとしたコツが必要ですが、一度正しく覚えてしまえばずっと快適に使うことができます。

何回か練習すると、すぐにできるようになりますよ。

もし、わからない!というところがある場合は、直営店で確認することもできます。

➡︎エルゴベビー公式オンラインストア




ABOUT ME
こん
30代1児(男子)の母のこんです。 「本当におすすめしたい商品か?」という視点を大切に、どの分野でも正直な商品レビューを心がけています。 エルゴベビー解説が得意です。約4年の高度不妊治療(顕微受精)の経験があります。