写真で解説!エルゴベビーADAPT(アダプト)の正しい使い方

こんにちは、こんです。

赤ちゃんにも、抱っこするパパ・ママにも優しい作りのエルゴベビー

その快適さから、「2人目のときもエルゴにしたい!」など、多くの方から評価されています。

納得!抱っこ紐エルゴベビーが選ばれる人気の理由3選

今回は、エルゴベビーのスタンダードモデルとも言える「ADAPT(アダプト)」の使い方や設定方法をご紹介したいと思います。

ADAPTを赤ちゃんに合わせて設定しよう!

ADAPTは、抱っこ紐を調整する機能が付いているので、新生児のときから付属品は不要。

新生児(身長50.8cm,体重3.2kg以上)の赤ちゃんから使うことができます。

こん

設定は3箇所です!

その1. お首(ネックサポート)の調整

赤ちゃんの未熟なお首をしっかり支える「ネックサポート」は、赤ちゃんの月齢で変えていきます。

生後6週目まで 生後7週目から
内側に折り込む 外側に出す
寝た時 寝た時・日よけ
立ち上げる フードカバーを使う

 

生後6週目までは、お首をしっかり支えるためにサポートを内側に折ります。

生後7週目からは、少しづつお首を動かせるようになるので、ネックサポートは外側に。

お首の部分に、少しだけスペースを作ってあげます。

ネックサポートの正しい位置

悩めるママ

赤ちゃんのお首は、どの辺まで隠れていれば良いのかな?

ネックサポートの位置は、赤ちゃんのお耳が半分隠れているくらいがベストです◎

こん

同じ月齢でも、赤ちゃんの身長で変わってくると思います。

お耳が完全に外に出ているときは、ネックサポートを立ちあげましょう!

ネックサポートは、おんぶをする時にもあると安心です◎

エルゴベビーの抱っこ紐では、このADAPTと、前向き抱っこができるOMNI360にネックサポートが付いています。

その2. 座面(シートアジャスタータブ)の調整

抱っこ紐の座面の幅を変える「シートアジャスタータブ」は、赤ちゃんの身長で変えていきます。

こん

新生児の赤ちゃんから足がしっかり外に出る構造になっているので、「これで合っているのかな?」迷うことがありません

\マジックテープでペタッ!/

(⬇︎クリックで拡大します)

\シートの幅は赤ちゃんの身長で決まっています/

A(赤ポジション) B(黄色ポジション) C(青ポジション)
身長50.8cm以上 身長61cm以上
3〜9カ月ごろ
身長71cm以上
9カ月〜4歳ごろ
赤ポジション 黄色ポジション 青ポジション
※ 月齢/身長はあくまで目安です。お子さんの体格に合わせて調整してあげてくださいね。

こん

赤ちゃんの身体に負担がかかるので、必ず「同じ色のシートアジャスタータブ」を貼るようにしてください。

その3. 抱っこ紐の幅(フロントストラップ)の調整

最後に「フロントストラップ」を見ていきましょう。

フロントストラップは、先ほど紹介したシートアジャスタータブ(⬇︎)と同じタイミングで変えます。

A(赤ポジション) B(黄色ポジション) C(青ポジション)
身長50.8cm以上 身長61cm以上
3〜9カ月ごろ
身長71cm以上
9カ月〜4歳ごろ
赤ポジション 黄色ポジション 青ポジション

女性

赤ちゃんの身長に合わせて、スナップボタンを変えていくのね!

外側が「赤」、真ん中が「黄色」、内側が「青」ポジションです。

赤ポジションに設定します!

左側を一番奥のスナップに留める。 右側も一番奥のスナップに留める。
\こんな感じ/

 

赤ポジションの時は、赤ちゃんが小さいから抱っこ紐の幅を一番絞るんだね!

悩めるママ

こん

そうなんです!

左右のスナップボタンは、両方同じ位置(奥・真ん中・手前)のスナップを留めましょう。

まとめ

エルゴベビーのスタンダードモデル「ADAPT(アダプト)」の使いかたをご紹介しました。

実際ADAPTに触れてみると、とにかくシンプルでスタイリッシュな形が魅力的。

肩や腰のクッション性や、赤・黄・青と直感的にわかる設定方法など、スタンダードモデルとしては言うことなしの抱っこ紐だと思います。

ADAPTでは前向き抱っこはできないので、「前向き抱っこをしてみたい!」という方はOMNI360を選びましょう。

「前向き抱っこはしないので、価格を抑えたい」という方はぜひADAPTも検討してみてください。

(⬇︎)OMNI360とADAPYの違いはこちら◎

違いは何?エルゴOMNI(オムニ)360とADAPT(アダプト)徹底比較!

(⬇︎)エルゴの抱っこがラクになるコツはこちら

驚くほど楽になる!抱っこ紐エルゴベビーの正しい付け方&使い方