驚くほど楽になる!抱っこ紐エルゴベビーの正しい付け方&使い方

こんにちは、こんです。

抱っこ紐のエルゴベビーは、人間工学の観点から、赤ちゃんと抱っこをする人の負担を減らす設計になっています。

抱っこの快適さから、二人目・三人目にも使う方も多数!抱っこ紐の中で一番人気と言っても過言ではありません。

ですが!

どんなに良い抱っこ紐でも、「正しいつけ方」をしないと身体に大きな負担がかかります。

こん
実は、街中で「エルゴのつけ方が間違っていて辛そう・・!」と思う方をよく見かけます。

そこで今回は、エルゴベビーの正しいつけ方を画像多めでご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください!

エルゴベビーの抱っこ。赤ちゃんが一番快適な位置は?

エルゴベビーでの正しい抱っこの位置は、

お母さんが下を向いた時に、赤ちゃんの頭にあごが届く位置です。

画像:Ergobaby Instagram

よく、腰ベルトを下の位置(骨盤あたり)に巻いている方を見かけますが、赤ちゃんの重心が下にきて、体重を重く感じてしまうのでおすすめしません。

腰ベルトを下の方で巻くとこうなる!

腰ベルトを下で巻いたとき 腰ベルトを上で巻いたとき

腰ベルトを下の位置(骨盤のあたり)に巻くと、赤ちゃんの背中は仰け反り身体に負担がかかります。

赤ちゃんが上にくるよう抱っこすることが、快適抱っこの前提となります。

こん
これをふまえて、抱っこの手順をひとつづつ見ていきましょう!

Step.1  腰ベルトをつけよう

まずは腰ベルトを巻いていきましょう。

ベビーウエストベルト(落下防止用ベルト)を抱っこ紐の中側に倒します。

ベビーウエストベルトを挟むように腰ベルトを巻きます。

腰ベルトを巻く位置は、ウエスト部分です。

⬇︎

ポイント

腰ベルトを巻く手順は、

①バックルを、ゴムに通してから留める
②余ったベルトを上から出す

万が一バックルが外れてしまった時も、ゴムに引っかかるので落下防止になります。

\しっかり巻けました/

腰ベルトをきつく締める時のポイント

腰ベルトをきつくしたい時は、上下にいち・に!と動かすと締まりやすいです。

➡︎

腰ベルトを緩める時は、バックルを立ててスライドさせます。スルスル〜と簡単に緩めることができます。

Step.2  赤ちゃんを抱き上げよう

赤ちゃんにベビーウエストベルトを巻きます。

➡︎

両方の肩ベルトを少し長めにしておきます。(理由は後ほど)

➡︎

赤ちゃんを抱き上げて、ベビーウエストベルトをしっかり留めます。

⬇︎

⬇︎

⬇︎

\バックルを留めましょう/

(※)あらかじめ肩ベルトを伸ばしておいたので、肩ベルトに余裕があり、バックル留めやすくなります。

Step.3  肩ベルトを調整しよう

最後に肩ベルトの長さを調整します。

肩ベルトが長いままだと、赤ちゃんの背中が仰け反り、お母さんを見上げる苦しい体勢になってしまいます。

エルゴベビーでの抱っこは、最初に紹介したようにお母さんが下を向いた時に、赤ちゃんの頭に顎が届く位置がベストです。

(⬇︎)このように、ベルトを横に引っ張ると肩ベルトが短くなります。

ベルトが動きづらい時は、赤ちゃんのおしりを片手で持ち上げながらベルトを引くとスムーズです。

お母さんと赤ちゃんの空間は、手のひら一枚分が目安です

こん
「赤ちゃんとお母さんのお腹が苦しくない程度」に調整しましょう。

エルゴベビーは、肩ベルトが調整しやすくて便利!

エルゴベビーの抱っこ紐はベルトが正面にあるので、荷物を持っていたりコートを着ていても調整しやすいです。

しょうこさん
使い勝手が良いことも、エルゴが選ばれる理由なのね!

【おまけ】赤ちゃんの足の開き方について

エルゴベビーは赤ちゃんの足が開きすぎ?と気になる方も多いかもしれません。

大人の感覚だと開きすぎに見える?!

でも、大丈夫です!

赤ちゃんにとって、お膝が斜め上にあがるM字の足(カエル足)は一番自然な姿勢。これは、お母さんのお腹の中で過ごしていた姿勢です。

エルゴノミックポジション・シート

反対に、足を真っ直ぐ下に降ろす抱き方はNGなので注意が必要です!

新生児の脚はM字型に開きます。これはお腹の中にいる時の丸い姿勢と同じ。

3カ月頃までは無理に脚を伸ばさず、自然に脚を広げ、膝が曲がった状態の抱っこを。

後天的な股関節脱臼の予防にもつながります。

(おおぎや整形外科院長 扇屋浩史先生)

引用:DADWAY公式サイト

エルゴベビーの抱っこ紐は、どのタイプもM字の足で抱っこ出来るように設計されているので安心して使うことができます。

まとめ

エルゴベビーの正しいつけ方と調整方法をご紹介しました。

最初は少し難しく感じますが、コツを一度正しく覚えてしまえば驚くほど快適に使えるようになります。

もし「わからなくて不安」ということがある場合は、よくある質問を確認してみたりお問い合わせ窓口から質問することもできます◎

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事