↓よく読まれている記事はこちら↓
エルゴベビー 選び方

こんにちは、こんです。

抱っこ紐を検討中の方は、Ergobaby(エルゴベビー)という名前を聞くのではないでしょうか。

エルゴベビーはハワイ・マウイ島に住む一人のお母さんの「もっと、ずっと抱っこをしたい」という思いから、2003年に誕生した抱っこ紐です。

抱っこ紐に圧力を分散する工夫がされており、「赤ちゃんの体重を軽く感じる!」と多くの子育て世帯から選ばれています。

\もはや抱っこ紐の王道/

エルゴ ベビー雑誌

こん
日本で一番人気の抱っこ紐といっても過言ではありません◎

でも、実際にエルゴベビーを選ぶとなると、どのように選べば良いのか迷いますよね。

そこでこの記事では、後悔しないエルゴベビーの選び方をご紹介します。

エルゴベビーの偽物について

エルゴベビーは人気商品ゆえ、偽物が多く出回って問題になりました。

偽物の特徴としては、生地が薄い、ベルトが緩みやすい、バックルがゆるくはまりにくい等、赤ちゃんを支えるための安全性が確保されていません。

偽造品と正規品を見分けることは難しく、正規販売店DADWAYも見分けるサービスは行っていませんし、偽造品を使っていて問題があっても保証されません

エルゴベビーは必ず、

エルゴベビー公式サイト
日本正規取扱店舗

から購入するようにしてください。

こん
このサイトで紹介している商品は、すべてエルゴベビー公式サイトのものです。

エルゴベビーの種類は?

エルゴベビーには、

  • OMNI360(オムニスリーシックスティ)
  • ADAPT(アダプト)
  • EMBRACE(エンブレース)

という3つの種類があります。

(⬇︎)スクロールできます。

OMNI360ADAPTEMBRACE
使える時期3.2kg~20kg(約4歳)3.2kg~20kg(約4歳)3.2kg~11.3kg
前向き抱っこ×
価格31,900円25,300円〜14,300円
特徴エルゴ最上級モデルながら、一番人気。検討するべきモデル。エルゴのベースモデル。シンプルな見た目。低月齢期に特化したモデル。サブの抱っこ紐としても◎

こん
それぞれの特徴を詳しく紹介していくので、どのタイプが一番希望に合うかチェックしてみてくださいね◎

1番人気 OMNI360(オムニスリーシックスティ)


OMNI360は、エルゴベビーの最上級モデルです。

最上級モデルというと「そこまでの機能はいらないかな?」と思いがちですが、エルゴベビーの中でも一番選ばれている人気モデルで、私も次に購入するとしたら確実にOMNI360を選びます!

超快適な座り心地!「3Dエルゴノミックシート」搭載

エルゴベビーでは、赤ちゃんが座るシートに「エルゴノミックシート」を取り入れています。

赤ちゃんがお腹の中にいた時と同じ「M字の足」を保つことができるので、赤ちゃんにかかる負担を減らすことができます。

エルゴノミックシートとは?

膝の裏までしっかり包み込むことができる、立体的な座面のこと。

抱っこが安定し、赤ちゃんがお腹の中にいた時のような自然な姿勢を保つことができます。

エルゴベビーのエルゴノミックシート

OMNI360は、エルゴベビーのモデルの中で、唯一3Dエルゴノミックシートを搭載しています。

通常のエルゴノミックシートに比べ、さらに深く・ゆったりと座ることができるように設計されています。

ADAPTOMNI360
ADAPTのエルゴノミックシートOMNI360の3Dエルゴノミックシート
エルゴベビーADAPT(アダプト) 座面横OMNI(オムニ)360 座面

OMNI360の3Dエルゴノミックシートのメリットとして、

  • 抱っこ紐に奥行きがあり、赤ちゃんの動きを妨げにくい。
  • 重心が安定し、体重分散に優れる。
  • 赤ちゃんを座らせる位置がわかりやすい。

ということが挙げられます。

赤ちゃんの興味を引き出す!快適な前向き抱っこ

前向き抱っこは、大人と同じ目線で景色を楽しむことができる楽しい抱っこの方法です。

エルゴベビーOMNI(オムニ)360 前向き抱っこ

しょうこさん
見える景色が変わるから、「ぐずってしまった時に効果的だった」というレビューもあったわよ♩

抱っこ紐の座面の奥行きが狭い場合、赤ちゃんの足は真横に開き股関節に負担がかかりますよね・・。

でも3DエルゴノミックシートのOMNI360なら、赤ちゃんの足が自然と斜め前に出すことができるので、快適な姿勢で前向き抱っこを楽しむことができます。

OMNI(オムニ)360の正しい付け方・使い方

OMNI360は、新生児の赤ちゃん(体重3.2kg以上、身長50.8cm以上)から使うことができます。

赤ちゃんの成長に合わせて、抱っこ紐の設定を2ヶ所変えていきます。

① ネックサポートの調整

エルゴベビーOMNI(オムニ)360 ネックサポート

ネックサポートは赤ちゃんの月齢で変えます。

生後6週目まで生後7週目から
内側に折り込む外側に出す
エルゴベビーOMNI(オムニ)360 6週目までエルゴベビーOMNI(オムニ)360 7週目から
睡眠時日よけ
立ち上げるフードカバーを使う
エルゴベビーOMNI(オムニ)360 睡眠時エルゴベビーOMNI(オムニ)360 日よけ

② シートアジャスタータブの調節

エルゴベビーOMNI(オムニ)360 座面

シートアジャスタータブは、赤ちゃんの身長に合わせて変えます。

(⬇︎クリックで拡大します)

A(赤)B(黄)C(青)
身長50.8cm〜身長61cm〜
3〜9カ月ごろ
身長71cm〜
9カ月〜4歳ごろ

※ 月齢/身長はあくまで目安なので、赤ちゃんに合わせて設定してあげてください◎

OMNI(オムニ)360を使っている方の口コミ

お気に入りです!

とっても使いやすいです。

外出時は必ずと行っていいほど使用する抱っこひも、オシャレで疲れにくいものを使用できて毎日嬉しいです。

8ヶ月の娘は前向き抱っこが大好きで、声を出してにこにこキョロキョロしています。眠くなると向きを変えて抱っこするとすぐ眠ってくれます。

育児の強い味方になってくれています。これからもたくさん使って育児を楽しみたいと思います。

最強説

「だっこ紐いくつも持ってます」って書き込みを別サイトでよく見るんですが…私としては、1個買うだけにしたかったです。
なので、ずっと使える最強な物を!

高くても、いくつも買うよりかはお値打ちなハズだし。ということで、高いけどエルゴの最強モデルにしました。

OMNI(オムニ)360のまとめ

OMNI(オムニ)360 おすすめ

OMNI360の「3Dエルゴノミックシート」による快適性は、各社抱っこ紐の中でもトップクラス!

前向き抱っこをしない方や、どの抱っこ紐を選べば良いかわからないという方にもおすすめしたいハイスペックな抱っこ紐です。

公式サイトでOMNI360を見る

使いやすいベースモデル ADAPT (アダプト)


ADAPTはエルゴベビーのベースモデルで、シンプルな機能性と価格のバランスが魅力です。

Check

ADAPTには前向き抱っこ機能はありません。

赤ちゃんも快適な「エルゴノミックシート」

赤ちゃん カエル足

お母さんのお腹の中で過ごしてきた赤ちゃんにとって、自然な姿勢はお膝を曲げたM字の足(カエル足)です。

ADAPTも、赤ちゃんのM字の足を保つことができる「エルゴノミックシート」取り入れています。

エルゴノミックシートとは?

膝の裏までしっかり包み込むことができる、立体的な座面のこと。

抱っこが安定し、赤ちゃんがお腹の中にいた時のような自然な姿勢を保つことができます。

エルゴベビーのエルゴノミックシート

最初にご紹介したOMNI360とADAPTの座り心地を比べると、シートに奥行きがあり赤ちゃんにフィットする「3D構造」なので、OMNI360の方が快適だといえます。

ただし、ADAPTもエルゴノミックシートを搭載しているので、工夫のない抱っこ紐よりも赤ちゃんの体重を分散しながら抱っこすることができます。

抱いた赤ちゃんが自然に中央に導かれる立体設計により、親子ともにバランスの良い抱っこ姿勢を保てることも、疲れにくい理由のひとつです。

引用:エルゴベビー公式サイト

肩ベルト・腰ベルトはOMNI(オムニ)360と全く同じ!

ADAPTの肩ベルトや腰ベルトは、最上級モデルのOMNI360と変わりません。

肩ベルト腰ベルト
エルゴベビー 肩ベルトエルゴベビー 腰ベルト

赤ちゃんの体重は、生後4ヶ月で約6kg、1歳になる頃には10kg近くにもなります。

赤ちゃん+赤ちゃんの荷物+ママの荷物を持ち運ぶことを考えると、しっかりと体重分散できる肩&腰ベルトは必須です!

ADAPT(アダプト)の正しい付け方・使い方

ADAPTは、新生児(体重3.2kg以上、身長50.8cm以上)から使うことができます。

こん
赤ちゃんの成長に合わせて、抱っこ紐の設定を3ヶ所を変えていきます。

① ネックサポートの調整

エルゴベビーADAPT(アダプト) ネックサポート

ネックサポートは、赤ちゃんの月齢で変えます。

生後6週目まで生後7週目から
内側におる外側に出す
エルゴベビーADAPT(アダプト) 6週目までエルゴベビーADAPT(アダプト) 7週目以降
睡眠時日よけ
立ち上げるフードカバーを使う
エルゴベビーADAPT(アダプト) 睡眠時エルゴベビーADAPT(アダプト) 日よけ

② シートアジャスタータブの調整

エルゴベビーADAPT(アダプト) シートアジャスタータブ

シートアジャスタータブは赤ちゃんの身長で変えます。

(⬇︎)クリックで拡大します。

A(赤)B(黄)C(青)
身長50.8cm〜身長61cm〜
3〜9カ月ごろ
身長71cm〜
9カ月〜4歳ごろ

※ 月齢/身長はあくまで目安なので、赤ちゃんに合わせて設定してあげてください◎

③ フロントストラップの調整

エルゴベビーADAPT(アダプト) フロントストラップ

フロントストラップは、先ほどの座面(シートアジャスタータブ)と同じタイミングで変えます。

エルゴベビーADAPT(アダプト) フロントストラップ色

ADAPT(アダプト)を使っている方の口コミ

肩、腰への負担が少ないです

新生児から使用できるものを探していて、エルゴを友人に勧められ購入しました。
ベルトの調整など最初は苦戦しましたがすぐに慣れました。使用感は腰ベルト、肩紐が太く安定感があり長時間使用しても腰や肩も痛くなりません。

赤ちゃんも抱っこ紐で移動中、しっかり包まれているせいか今のところ泣いていないです。これから長く愛用していきたいです。

ADAPT(アダプト)のまとめ

ADAPT(アダプト) おすすめ

スタンダードモデルでありながら、肩と腰のベルトで体重をしっかり分散することができ、赤ちゃんの自然な姿勢(エルゴノミックシート)を搭載しているADAPT。

前向き抱っこ機能はないものの、ベースモデルと考えると、かなり優秀なスペックだと言えます。

価格と機能性のバランスがとれたモデルです。

公式サイトでADAPTを見る

低月齢期モデル EMBRACE(エンブレース)

エルゴベビーから、新生児期〜低月齢期に特化したEMBRACE(エンブレース)というモデルが登場しました。

こん
実は、子育て世帯の「抱っこ紐平均所持数」は2.2個。
お首すわり前の時期に使いやすい抱っこ紐がほしい!という方は多いです。

EMBRACEは、

  • 新生児期〜お首すわり前に使いやすい抱っこ紐がほしい
  • 寝かしつけやお散歩にサッと使えるものがほしい

という方におすすめです。

EMBRACE(エンブレース)の使い方

EMBRACEは、「新生児対面抱き」と「対面抱き」「前向き抱き」ができます。

新生児対面抱きの方法

新生児対面抱きは、体重3.2kg以上、身長50.8cm〜58.4cmの赤ちゃんが対象です。

対面抱きの方法

対面抱きは、体重11.3kgまで、身長58.4cm以上の赤ちゃんが対象です。

前向き抱きの方法

前向き抱きは、首が完全にすわった5カ月(身長66.0cm)から12カ月(体重11.3kg)までの赤ちゃんが対象です。

EMBRACE(エンブレース)の口コミ

スリングと抱っこひもの良いとこどりで、小さな子でもストレス無く使えました。
生地も肌触りが柔らかく、新生児期も安心。

調節も簡単で、バックルも前で留められて安心。

サッと着けられてフィット感も良いから、新生児期にも使いやすそう。コンパクトになるから2個目としても欲しいです。

使い方に迷わなかったので、慣れない新生児期にも良いと思います!

成長した今は、長時間使うのにサポート力のあるOMNIと使い分けができてとっても便利。

EMBRACE(エンブレース)のまとめ

EMBRACE(エンブレース) おすすめ

新生児〜お首すわり前の抱っこや、お出かけ先でのサブの抱っこ紐として便利。

サポート力はADAPTやOMNI360の方が勝るので、赤ちゃんが大きくなったら2つ目の抱っこ紐を用意する必要がある場合があります。

 

公式サイトでEMBRACEを見る

まとめ

「抱っこ紐に求めること」は家族それぞれ。

どのタイプも赤ちゃんの快適さ抱っこする人の快適さという基盤がしっかりしているので、生活スタイルやお好みに合わせて選ぶことができます。

エルゴベビーで、赤ちゃんを抱っこできる貴重な時間を目一杯楽しんでくださいね😊

 


エルゴベビー公式サイト

Twitter始めました◎