メッシュ素材の抱っこ紐って冬はどう?メリット&デメリット

抱っこ紐「エルゴベビー」には、コットン素材とメッシュ素材があります。

一年を通して使う抱っこ紐、素材選びも迷いますよね。

今回はメッシュ素材とコットン素材のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

メッシュ素材のメリット

    通気性が良く蒸れにくい

    まずは、「通気性がよく蒸れにくい」ということです。

    エルゴのメッシュ素材は、肩・背中・おしりの部分まで総メッシュ。空気を通しやすいのは一目瞭然だと思います。

     

    空気を通す=涼しい

     

    ということで、夏に最適と思いますがメッシュのメリットは冬場にもあるんです。

     

    赤ちゃんの身体は未熟で、体温調節が苦手。暖かい室内から寒い外に出るなどといった、急激な温度変化に弱いんです。

    メッシュ素材の抱っこ紐は、空気穴から赤ちゃんを包む空気を循環しているので、徐々に身体を慣れさせることができます。

     

    寒い冬場には、ダウンの防寒ケープなどを組み合わせることで、赤ちゃんもより快適に過ごすことができますよ。

    お手入れが簡単

    エルゴのメッシュ素材はポリエステル素材なのでお手入れがとにかく簡単!

    抱っこ紐がスピーディーに乾きます。

     

    乳児期はとにかく汚れとの闘い!

    ミルクの吐き戻し、オムツからうんちが漏れたり、大汗をかいたり。急なハプニングは赤ちゃんあるあるです。

    そんな時、気軽にザッと洗えてパリッと乾くメッシュ素材は本当に助かります。

    メッシュ素材のデメリット

    綿ではなくポリエステル素材

    乾きやすい・お手入れが簡単といったメリットの反面、赤ちゃんに優しい綿100%ではないことがデメリットになるかと思います。

     

    でもご安心ください

     

    ポリエステル素材の抱っこ紐には、赤ちゃんのお顔周りやお首回りに、綿100%のよだれカバーをつけると安心です。

    赤ちゃんの肌を守るのはもちろん、よだれ汚れや汗をブロック、抱っこ紐のアクセントになるなど使い勝手の良いよだれカバー。

    私もいくつか持っていて、外出先で交換したりしていました。

     

    抱っこ紐の肩ベルトを舐める赤ちゃんは多いようなので(安心するのかな?😄)持っておくと便利だと思います♩

    まとめ

    メッシュ素材の抱っこ紐のメリット&デメリットについて紹介しました。

    エルゴベビーのベースモデルであるADAPT(アダプト)、前向き抱っこできるOMNI360(オムニスリーシックスティ)の両タイプからメッシュ素材が販売されているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

    おすすめの記事