エルゴベビーでおんぶをする方法を徹底解説!

こんにちは、こんです。

抱っこ紐「エルゴベビー」は、抱っこが快適で大人気の抱っこ紐です。

私もエルゴを使っていたのですが、エルゴのおんぶは難しい、怖いというママが多かったように思います。

ですが!実際は、ポイントさえわかってしまえば、おんぶは驚くほど簡単にできます◎

おんぶができると、育児がグッと楽になりますよ。

今回は、エルゴベビーでおんぶをするコツを写真多めでご紹介します!参考にしてみてください。

エルゴベビーのおんぶは「いつからいつまで」できるの?

エルゴベビーでのおんぶは、6ヶ月頃(体重7.8kg)から36ヶ月(体重15kg)までできます。

対面抱きに慣れた生後6カ月以降に練習を始めてください。

装着時はひざをつくなど低い姿勢で行い、2歳まではベビーウエストベルトを使用しましょう。

引用:エルゴベビー よくある質問

おんぶを始めるポイントは、赤ちゃんが対面抱き(普通の抱っこ)に慣れてきていることです。

ママの顔が見えなくなるので、最初は泣いてしまう子もいるかもしれません。焦らず、ゆっくり始めましょう。

こん
息子をおんぶしている時、鏡ごしに私が「ばあ!」と驚かして遊んでいました◎

次第におんぶにも慣れ、楽しんでいました。

エルゴベビーでおんぶする手順

【準備】抱っこ紐をおんぶ用に調整しよう

1. 肩ベルトを伸ばしておく

おんぶをするときは、あらかじめ片方の肩紐を伸ばしておくとおんぶがスムーズになります。

\後ほど、こういう手順があるんです/

後ろから見たところ

右か左、どちらの肩ベルトを伸ばすかは、このように(⬇︎)赤ちゃんを片手で抱っこしたとき・・

右側に抱っこする人右側左側で抱っこする人左側の肩ベルトを長くします。

\私は「左側抱っこ」なので左を伸ばしておきます/

2. 首かっくん防止に「ネックサポート」を立ち上げる

おんぶは赤ちゃんの様子が見えないこともあるので、お首をしっかり支えられるようにネックサポートを立ち上げておくと安心です。

これで準備はOK!おんぶしていきましょう。

① 腰ベルトを巻く

赤ちゃんに、ベビーウエストベルトを巻きます。

赤ちゃんを片手抱っこする側に抱っこ紐をつけましょう。(私は左です。)

エルゴベビーでおんぶをするとき、腰ベルトの位置はウエストがベストです。

重心が上にくるので、赤ちゃんの身体が抱っこ紐に沈み込まず、体重も軽く感じることができます。

② 赤ちゃんを抱き上げる

ベビーウエストベルトを、抱っこ紐側のバックルに留めます。

腰ベルトよりも上で赤ちゃんを抱っこします。

③ 抱っこ紐で赤ちゃんの背中を包む

抱っこ紐で、赤ちゃんの背中をしっかり包み込みます。

④ 背中側の肩ベルトを腕に通す

後ろから見たところ

しょうこさん
準備で肩ベルトを長くしていたのはこのためね!

⑤ 赤ちゃんを背中側に移動させる

左側の肩ベルトもかけて、

赤ちゃんを背中側におくります。腰ベルトを動かすとスムーズです!

⑦ 胸のバックルを留めて、肩ベルトを調整

こん
準備で伸ばしておいた肩ベルトを、短く戻しましょう。

完成です!お疲れさまでした!

まとめ

最初は少しドキドキですが、慣れると本当に便利なおんぶ!

息子がぐずった時は、ほとんどおんぶをしていました。両手が空くので、できることが一気に増えますよ。

慣れるまでは誰かに手伝ってもらったり、膝をつくなど低い位置で練習してみると安心です。

ぜひ試してみてくださいね◎

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事