【簡単】エルゴベビーでおんぶをする方法!いつからできるの?

こんにちは、こんです。

「街中で見ない日はないんじゃないか?」とさえ思うエルゴベビーの抱っこ紐。

こん
エルゴはおんぶも快適!育児がグッと楽になりますよ◎

今回は、エルゴベビーでおんぶをするコツを写真多めでご紹介します!

おんぶはいつからできるの?

エルゴでのおんぶはお首が完全にすわり、対面抱きに慣れてきた6ヶ月頃からできます。

こん
取扱説明書には、6ヶ月(体重7.8kg)〜36ヶ月(体重15kg)の子と書いてあります。

対面抱きに慣れた生後6カ月以降に練習を始めてください。

装着時はひざをつくなど低い姿勢で行い、2歳まではベビーウエストベルトを使用しましょう。

引用:エルゴベビー よくある質問

エルゴでおんぶするときのコツ

抱っこ紐の準備

まず、抱っこ紐をおんぶ仕様に準備しましょう。

おんぶをするときは、肩紐の片側を伸ばしておくと楽チンなんです。

伸ばすのは、↓このように赤ちゃんを片手抱っこするとき・・

右側に抱っこする人右側左側で抱っこする人左側の肩ベルトを長くします。

 

\私は左側抱っこなので左を伸ばします/

 

そして、お首をしっかり支えられるようにネックサポートを立ち上げておくと安心です◎

赤ちゃんは、ベビーウエストベルトを巻いてスタンバイです。

これで準備はOK!おんぶしていきましょう。

①腰ベルトを片側に装着する

赤ちゃんを片手抱っこする側に抱っこ紐をつけましょう。

利き手側につけると楽な方が多いようです♩

② 赤ちゃんを抱き上げる

ベビーウエストベルトを装着します。

次の手順がしやすいように、腰ベルトよりも上で赤ちゃんを抱っこします。

③ 抱っこ紐を赤ちゃんの背中全体にかぶせる

抱っこ紐で、赤ちゃんの背中をしっかり包み込みます。

④ 背中側の肩ベルトを腕に通す

後ろから見たところ

いろはちゃん

①で肩ベルトを長くしていたのはこのためだね。

⑤ 赤ちゃんを背中側に移動させる

もう片側のベルトも肩にかけ、赤ちゃんを背中側に回します。

腰ベルトを動かすとスムーズです!

⑦ 胸のバックルを留めて肩ベルトを調節

こん
抱っこ紐の準備で伸ばしておいた肩ベルトの長さを短く戻しましょう。

完成!お疲れさまでした!

まとめ

最初はドキドキですが、慣れると本当に便利なおんぶ!

息子がぐずった時は、ほとんどおんぶをしていました。両手が空くのでできることが一気に増えますよ。

慣れるまでは誰かに手伝ってもらったり、膝をつくなど低い位置で練習してみるとgood。

ぜひ試してみてくださいね♩

 

おすすめの記事