抱っこ紐エルゴベビーの使い方がわからない時に読むヒント

こんにちは、こんです。

大人気の抱っこ紐エルゴベビー。私たちも約2年間お世話になった抱っこ紐です。

こん夫
電車移動がメインだったから、抱っこが楽で本当に助かったなあ!

こん

本当そう思う!抱っこの時間も良い思い出だよね〜。

だけど、エルゴに慣れるまで、使い方がわからず調べることもあったよね😅

今回は、私たちが調べたエルゴベビーの使い方・お手入れでわかりづらいところをまとめてみました。



背中(首)のバックルが留められない

首元のバックルが留めづらい・・!と悩む方は多いと思います。

いろはちゃん
身体が硬い人には使いづらいの?

大丈夫!

ポイントは、赤ちゃんを抱っこする前に、抱っこ紐の肩ベルトを長めにしておくことです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ergobabyjapan(エルゴべビー)さん(@ergobabyjapan)がシェアした投稿

エルゴベビーの公式動画も、とてもわかりやすいです。(肩のベルトは1分30秒あたりから。※音が出ます。)

 

\工程はこんなかんじ!/

  1. 腰ベルトを巻く。
  2. 肩ベルトを左・右とも、気持ち長めに伸ばす。
  3. 赤ちゃんを抱っこし、肩ベルトを腕に通す。(この時肩ベルトは、ゆるく余裕がある)
  4. 長めのベルトを持ちながら、背中のバックルを留める
  5. 肩ベルトをきつくする(抱っこ紐の正面にあるベルトを引っ張る)

 

こん
肩ベルトが正しい位置に変わるだけで、身体の負担がグッと減るよ!

抱っこ紐は洗濯機で洗っても良いの?

エルゴベビーは洗濯機で洗うことができます。

  1. すべてのバックル・マジックテープを留め、すべてのストラップ(紐)をまとめゴムから外し、洗濯ネットに入れます。
  2. 中性洗剤を使い、弱モード・冷水で洗います。
  3. 陰干しをします。

 

注意

・ストラップ(紐)をゴムでまとめたまま洗濯・乾燥すると、ゴムが伸びてしまいます。必ず、ゴムから外した状態で洗濯しましょう。

・汚れていなくても、皮脂や汗などの汚れが付いています。月に1回洗濯するのがベスト。汚れがひどい場合は、部分洗いをしましょう。

・蛍光増白剤入り洗剤、塩素系漂白剤は使用できません。

抱っこ紐の「凸バックル」がねじれてしまう

こん

私も一度経験したことがあって。

摩訶不思議!だったけど、自分で簡単に直すことができるんです。

 

⬇︎こちらの動画がわかりやすいのでご覧ください。

 

試してみたけど直らない!という場合は、

DADWAYお問い合わせ窓口

フリーコール :0120-880-188 (営業時間:平日10:00~17:00)

で対応してもらうことができます。

まとめ

エルゴベビーの使い方についてご紹介しました。

首のバックルは、付け方がわからないからそのままにしている方もいるかもしれません。

一度慣れてしまえば簡単なので、ぜひ正しい付け方にチャレンジしてみてください。

抱っこがもっと快適になりますよ!