抱っこ紐エルゴベビーの使い方がわからない時に読むヒント

こんにちは、こんです。

大人気の抱っこ紐エルゴベビー。私たちも約2年間お世話になった抱っこ紐です。

こん夫
電車移動がメインだったから、抱っこが楽で本当に助かったなあ!

こん

本当そう思う!抱っこの時間も良い思い出◎

だけど、エルゴに慣れるまで、使い方がわからず調べることもあったよね。

今回は、私たちがわからなくて調べたエルゴベビーの使い方をまとめてみました。

背中(首)のバックルが留められない

一番はこれ!背中のバックルが止められない・・どうしよう!と思いました。

ポイントは、赤ちゃんを抱っこする前に、抱っこ紐の肩ベルトを長めにしておくことだったんです。

エルゴベビーの公式動画が、とてもわかりやすいです。(肩のベルトは1分30秒あたりから。※音が出ます。)

バックルを留める手順

1.腰ベルトを巻く。
2.肩ベルトを、左右長めに伸ばす。
3.赤ちゃんを抱っこし、肩ベルトを腕に通す(この時、ベルトはゆるく余裕がある)
4.ベルトに手を沿わせながら、背中のバックルを留める。
5.肩ベルトをきつくする。(抱っこ紐正面にあるベルトを引っ張る。)

こん
肩ベルトが正しい位置に変わるだけで、身体の負担がグッと減ります!

抱っこ紐は洗濯機で洗っても良いの?

エルゴベビーは洗濯機で洗うことができます。

  • すべてのバックル・マジックテープを留め、すべてのストラップ(紐)をまとめ込むから外し、洗濯ネットに入れます。
  • 中性洗剤を使い、弱モード・冷水で洗います。
  • 陰干しをします

注意

・ストラップ(紐)をゴムでまとめたまま洗濯・乾燥すると、ゴムが伸びてしまいます。必ず、ゴムから外した状態で洗濯しましょう。
・汚れていなくても、皮脂や汗などの汚れが付いています。月に1回洗濯するのがベスト。汚れがひどい場合は、部分洗いをしましょう。
・蛍光増白剤入り洗剤、塩素系漂白剤は使用できません。

抱っこ紐の「凸バックル」がねじれてしまう

こん
なぜか、突然バックルがねじれていました!
摩訶不思議でしたが、自分で簡単に治すことができるんです。

(⬇︎)こちらの動画がわかりやすいのでご覧ください。

試してみたけど直らない!という場合は、

DADWAYお問い合わせ窓口

フリーコール :0120-880-188 (営業時間:平日10:00~17:00)

で対応してもらうことができます。

まとめ

私たちが調べた、エルゴベビーの使い方をご紹介しました。

首のバックルは、間違った位置にあると抱っこする方に負担がかかります。(首が圧迫されます!)

一度慣れてしまえば簡単ですし、抱っこが断然快適になるので、ぜひ正しい付け方にチャレンジしてみてください◎

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事