よく読まれている記事はこちら
エルゴベビーの洗濯方法と紐(ベルト)が長いときの巻き方

こんにちは、こんです。

のぞみさん
エルゴベビーを使っているんだけど、ベルトが解けちゃう。どうやってまとめたら良いの?

今回は、知っておくと便利な

  • エルゴベビーの洗濯方法
  • エルゴベビーのベルトのまとめ方

を画像多めでご紹介します◎

紐(ベルト)が長く伸びていると危ない!

エルゴベビーの抱っこ紐には、肩ベルト・腰ベルトという2種類のベルトがあります。

安全に使うために、取扱説明書には「ストラップまとめゴム」でしっかり留めることを推奨しています。

ストラップまとめゴムを使用してください。
垂れ下がったストラップがお子さまの首にかかり窒息したり、他の物に引っかかったり着用者が転倒するなど、思わぬ事故が発生する恐れがあります。

引用:エルゴベビーベビーキャリア 取り扱い説明書

こん
ベルトの調整は、とても簡単です!

ベルトを端からクルクルと巻きます。

エルゴのベルトの巻き方1

⬇︎

巻き終わったら・・

エルゴのベルトの巻き方2

⬇︎

横についている「ストラップまとめゴム」で留めます。

エルゴのベルトの巻き方3

のぞみさん
これならスッキリして、見た目も良いわね!

エルゴベビーを洗濯するときのコツ

抱っこ紐は、使っていくうちにゴムが伸びたり生地が劣化するもの。

ですが!お手入れに気をつけるだけで劣化しづらくなりますよ。

公式サイト推奨のお手入れ方法

  1. 腰ベルト・肩ベルトのゴムを外す。
    (先ほどの写真①の状態にする)
  2. すべてのバックルを留め「着脱テープ(※)」を留める。
  3. 洗濯ネットに入れる。
  4. 洗濯機の「弱モード」で冷水・中性洗剤を用いて洗う。
    (乾燥機を使う場合「弱モード」で使う。縫製部分が湿っている状態で取り出す。)
  5. 洗濯機から取り出し陰干しをする。

(※) 着脱テープとはOMNI360やADAPTの足元を調整する部分です。

腰や肩のベルトを「ストラップまとめゴム」で留めたまま洗濯をすると、水で膨張してゴムが伸びてしまいます。

腰ベルト・肩ベルトのゴムを取り、ベルトを伸ばした状態で洗濯するようにしましょう。

洗濯機を使う時は、必ずバックルを留めて、洗濯ネットに入れて洗うようにしましょう。

まとめ

エルゴベビーの、「ベルトのまとめ方」と「お手入れ方法」をご紹介しました。

私もこの方法で洗濯していましたが、抱っこ紐卒業までの約2年間ゴムが伸びたり生地が劣化することはありませんでした。

ぜひお試しください!

 

Twitter始めました◎

こちらの記事も読まれています