抱っこ紐

エルゴ「アダプト」と「オムニ360」の違いを徹底比較!

こんにちは、こんです。

エルゴの抱っこ紐 OMNI360(オムニスリーシックスティ)ADAPT(アダプト)は、今やエルゴベビーの人気を二分するほど。

ADAPT OMNI360

でも、見た目が似ているこの2種類。「どちらを選んだ方が良いの?」と迷う方も多いと思います。

そこで今回は、それぞれの違いを詳しくご紹介します。抱っこ紐選びの参考にしてみてください!



まずは、大まかな違いを見てみましょう。

ADAPT OMNI360
体重 3.2kg〜20kg 3.2kg〜15kg(メッシュは20kg) ※1
インサート 不要 不要
クロス抱き
腰が楽
ADAPT OMNI360
前向き抱き ×
メッシュ
カラー 17色 9色
日本限定 ◯ ※2 ×
価格 ¥23,760〜 ¥28,080〜

(※1)OMNI360の耐荷重について
Q. コットンの耐荷重は15kgだけど、新登場のメッシュは20kg・・?

A. 20kgまで快適性が損なわれないことが分かったため、コットンの耐荷重も順次20kgになるそうです

エルゴOMNI360(メッシュ)が20kgまで抱っこできる理由こんにちは、こんです。 OMNI360コットンタイプの耐荷重は3.2kg〜15kgまでなのに、新発売のOMNI360メッシュタイプ...

(※2)日本限定カラーはADAPT(コットン)の4色です。

ネイビーバンダナ アクア イカット フォレストフレンズ スターダスト
¥24,840(アクア イカットのみ¥14,040

 

💡大差がないところは、肩ベルトの厚み・腰ベルトの厚みです。

肩ベルト 腰ベルト
グレーがOMNI360、水色がADAPT

どちらもしっかりしているので快適!

こん
こん
さらに細かい違いを紹介していきますよ〜🌟

OMNI360とADAPTの違うところ

❶ 前向き抱っこができるか

OMNI360の一番の特徴は、前向き抱っこができることです。

前向き抱っこは、ママと赤ちゃんが同じ方向を向くことができる抱っこ。

普通の対面抱っこでは見られない景色が見えるから、ぐずってしまった時に役に立ったという口コミもあります。

OMNI360で前向き抱っこをしてみて「良いなあ👏」と思ったのは、赤ちゃんの足が真横に開かず 斜め前に出ること

座面の奥行が浅いと、スペースの余裕がなくて真横に足が開いてしまいます。

しかし、OMNI360は座面が深く、赤ちゃんの足に負担がかからない形になるんです

※ エルゴベビーはIHDI(国際股関節異形成学会)が推奨する股関節の状態を満たしています。

OMNI360は、最適な足の開き方を保ちながら前向き抱っこができる。

❷ 抱っこ紐の座面

ADAPTとOMNI360の座面の違いを紹介します。

まず、「座面の幅を、身長に合わせて設定する」という方法はどちらも変わりません。

(⬇︎クリックで拡大します)

ADAPT OMNI360

違いは次です!

ADAPT(水色)とOMNI360(グレー)を同じ設定(身長71cm〜の赤ちゃんサイズ)にしてみました。

下に敷いてあるADAPT(水色)に比べOMNI360(グレー)の幅が狭く見えませんか?

OMNI360が、より立体的な構造の「3Dエルゴノミックシート」を取り入れているからなんです。

ADAPT OMNI360
こん
こん

実はADAPTも「立体縫製」といって、布を立体的に縫うことで、赤ちゃんのおしりにフィットする作りになっています。

しかし、OMNI360はさらに上をいく「3Dエルゴノミクスシート」を搭載しているんです!

この構造のおかげで

・おしりを包み込み、自然なM字の足を作ることができる。

・奥行きがあるので、赤ちゃんの動きを妨げにくい。

・座面がシートになっているから、赤ちゃんを座らせる位置がわかりやすい。

というメリットがあります。

一方ADAPTのメリットは、OMNI360よりもコンパクトに畳みやすいこと

OMNI360の座面は固めなので、布が柔らかめのADAPTの方が畳やすいかもしれません。

⬆︎左(カーキ)がOMNI360、右(グレー)がADAPT。

ADAPTOMNI360も、立体縫製で作られていて快適な座面。

・座面がより立体的な3Dエルゴノミクスシートで、赤ちゃんが深く座れるのはOMNI360

・抱っこ紐を、よりコンパクトに畳みやすいのはADAPT

❸ メッシュタイプ

まず、ADAPTのメッシュタイプは全7色です。

グレー ブラック ローデン
¥27,000 ¥27,000 ¥27,000
ディープブルー オックスフォードブルー
¥27,000 ¥27,000
ベビーザらス限定カラー
チャコールグレー
¥26,998
➡︎トイザらスのベビー・マタニティ用品通販 総合専門店 ベビーザらス オンラインストア
アカチャンホンポ限定カラー
ADAPTクールエア/ヴィンテージインディゴ
¥28,080

 

そして、OMNI360のメッシュタイプは全6色です。

グレー ブラック カーキ
¥31,320 ¥31,320 ¥31,320
ミッドナイトブルー オックスフォードブルー
¥31,320 ¥31,320
ベビーザらス限定カラー
OMNI360クールエア/チャコールグレー
¥31,318
➡︎トイザらスのベビー・マタニティ用品通販 総合専門店 ベビーザらス オンラインストア

 

・アカチャンホンポ、ベビーザらスモデルにも注目!

ここまでをまとめると・・

ADAPTがおすすめな人は?

・前向き抱っこ機能はなくて良い。

・コンパクトに持ち運びをしたい。

・たくさんのカラーから選びたい。

・シンプルですっきりとした見た目が良い。

・抱っこ紐の価格を抑えたい。

こん
こん
価格は「前向き抱っこ」の機能がない分、OMNI360より約4,000円程度低めです。

ADAPTを詳しくみる

OMNI360がおすすめな人は?

・前向き抱っこをしたい。
・機能性や快適性を重視したい。

こん
こん
おすすめポイントをまとめると少ないですが、OMNI360の場合 「❷抱っこ紐の座面」でも説明した「快適性」を重視できるところが大きいと思います。

OMNI360を詳しくみる

【おまけ】メッシュ素材ってどうなの?

エルゴには、シリーズごとにコットンとメッシュの抱っこ紐が用意されています。

一年を通して使う抱っこ紐、素材選びも迷いますよね。

メッシュのメリット・デメリット

メリット

❶ 通気性がよく夏場涼しい。冬場も、冷たい外気と暖房の効く室内の急な温度差を軽減してくれる。

❷ 抱っこ紐自体が軽い。

❸ 洗濯をしてもすぐに乾く。お手入れしやすい。

デメリット

❶ 綿ではなくポリエステル素材を使用している。

ポリエステル素材の抱っこ紐でも、赤ちゃんのお顔周りによだれカバーをつけるとさらに安心です。

安心素材でおしゃれ!抱っこ紐よだれカバーおすすめ10選こんにちは、こんです。 赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこすると、赤ちゃんが肩ベルトを舐めてベトベトに・・ということがしばしばあります。 ...
こん
こん
最近は酷暑の日が多いので、メッシュ素材の人気が高いようです。

冬場はエルゴ純正のダウン入りケープなどの防寒ケープを組み合わせて。エルゴの抱っこ紐にピッタリつけられるので、毎年人気の商品です。

寒さは、赤ちゃんの重ね着&防寒ケープで乗り切ることができるかなと思います。

実際にADAPTのメッシュ素材をつけてみた

私も、ADAPTのディープブルーを着けてみました。

こん
こん
抱っこ紐自体が軽い!

腰のパットに加えて、肩ひもの厚みもたっぷりでつけ心地良いなぁ🌟

抱っこ紐自体も軽くて、お人形(多分5kgくらい?)の重さが全然苦になりませんでした!

・メッシュはオールシーズン使いやすい素材。(防寒ケープやよだれカバーでもっと快適に。)

まとめ

OMNI360とADAPTの機能や価格の違いを紹介しました。

OMNI360とADAPTの場合、どちらを選んだとしても、赤ちゃんと抱っこする人に快適なように作られています。

なので、機能性 or 価格 or カラー??といった風に、消去法で絞っていくと良いかもしれません!

抱っこ紐選びを楽しんでくださいね🌟

エルゴベビー公式サイトはこちら




ABOUT ME
こん
30代1児(男子)の母のこんです。 「本当におすすめしたい商品か?」という視点を大切に、どの分野でも正直な商品レビューを心がけています。 エルゴベビー解説が得意です。約4年の高度不妊治療(顕微受精)の経験があります。