違いは何?エルゴOMNI(オムニ)360とADAPT(アダプト)徹底比較!

こんにちは、こんです。

エルゴベビーは、抱っこされる赤ちゃんの快適さを一番に考え、お父さん・お母さんも快適な抱っこを楽しむことができる、日本で最もメジャーだと言える抱っこ紐です。

こん
日本や海外の多くの芸能人にも愛用されています!

エルゴベビーには、

という3種類があります。

この中で、新生児から抱っこ紐卒業(20kg)まで長く使えるモデルであるOMNI360とADAPTの違いがよくわからない!という声を耳にします。

ADAPT OMNI360
¥27,500 ¥31,900

そこで!この記事では、OMNI360とADAPTの違いを確認していきたいと思います😊

 

お首すわり前の赤ちゃんに特化したモデル「EMBRACE(エンブレース)」も合わせて検討したい方は、こちら(⬇︎)の記事をご覧ください◎




ADAPTとOMNI360の違いは2つ

ADAPTとOMNI360の違いは、大きく分けて2つあります。

その1.  前向き抱っこができるか

エルゴOMNI360 ダークブラウンで前向き抱っこをする赤ちゃん

OMNI360お首が座った5ヶ月(体重6.4kg)から24ヶ月(体重13kg)までの期間、赤ちゃんが正面を向く「前向き抱っこ」ができます。

※ ADAPTでは前向き抱っこはできません。

前向き抱っこのメリットとして、

  • お出かけ先の景色を見せてあげられる
  • 前向き抱っこで写真を撮ると可愛い!
  • ぐずってしまった時に役に立った

という声がありましたよ😊

前向き抱っこができる時期は、赤ちゃんが周りに興味を持ち始める時期

エルゴベビー インディゴウィーブで前向き抱っこする赤ちゃん

普通の抱っことは違って赤ちゃんが正面の景色を見られること、ベビーカーと違いパパ・ママと同じ「高い目線」で景色を楽しめることが大きなポイントです。

普段のお散歩にも、動物園・水族館などのお出かけの時にもおすすめ😊

エルゴベビー デザートで前向き抱っこをする赤ちゃん

赤ちゃんに、色々な世界を見せてあげることができますね。

その2. 座面(赤ちゃんが座る部分)の違い

エルゴベビーの座面は、OMNI360もADAPTも「エルゴノミックシート」を取り入れているので、快適な座り心地を保つことができます😊

エルゴノミックシートとは?

膝の裏までしっかり包み込みこむことができる、立体的な座面のこと。

抱っこが安定し、赤ちゃんがお腹の中にいた時のような自然な姿勢を保つことができます。

エルゴベビー エルゴノミックシート

特にOMNI3603D構造のエルゴノミックシートを搭載しており、赤ちゃんが一番ゆったりと座ることができるんです!

ADAPT OMNI360
ADAPT OMNI360

しょうこさん
本当だ!OMNI360の方が、ゆったり深めに腰掛けているわね!
ADAPT OMNI360
ADAPTの座面 OMNI360の座面

(⬇︎)重ねると立体感の違いがはっきりわかりますね👍

OMNI360とADAPTの座面の違い
OMNI3603Dエルゴノミックシートのおかげで、

  • しっかりおしりを包み込み、自然なM字の足(カエル足)を作ることができる。
  • 抱っこが安定することで、赤ちゃんの体重分散をしやすい
  • 座るシートに奥行きがあるので、赤ちゃんの動きを妨げにくい
  • 赤ちゃんを座らせる位置がわかりやすい

というメリットがあります。

OMNI360の座面

こん
3Dエルゴノミックシートは、前向き抱っこにも活かされています

OMNI360で前向き抱っこをすると赤ちゃんの足は自然に斜め前に出るので、ゆったりした姿勢で前向き抱っこを楽しむことができます☺️

 

OMNI360の3Dエルゴノミックシートはメリットがたくさんあるので、前向き抱っこをする予定がない方にも検討してほしいモデルです。

ADAPTとOMNI360は共通点も多い

次に、2つのモデルに共通していることを見ていきます。

肩&腰のベルトはどちらも同じ仕様!

どちらのモデルとも、肩や腰のパットは「まるでコルセットか?」と思うほどしっかりしています😳

肩ベルト 腰ベルト

実際に比べてみると、肩ベルト・腰ベルトについては、ボリュームや硬さなどの違いは感じられませんでした◎

こん
どちらのタイプも、肩パットの程よい厚みと腰のサポーターが赤ちゃんの体重をしっかり分散してくれます!

抱っこ紐を調整する方法もほぼ同じ

シートアジャスタータブの調整

赤ちゃんの座面は、赤ちゃんの身長に合わせてシートアジャスタータブの幅を変えていきます。

ADAPTのシートアジャスタータブ
身長に合わせて、黄色に貼りかえていきます
ADAPT OMNI360

しょうこさん
カラーガイドがあるから、慣れない抱っこでもわかりやすそうね。

ネックサポートの調整

赤ちゃんのお首を支えるネックサポートは、赤ちゃんの月齢で変えていきますが、この方法も全く同じです。

生後6週目まで 生後7週目から
OMNI360 ADAPT OMNI360 ADAPT
ADAPT 生後6週目まで ADAPT 生後7週目から
寝た時 日よけ
OMNI360 ADAPT OMNI360 ADAPT
ADAPT 寝た時 ADAPT 日よけ

フロントストラップの調整はADAPTのみ

抱っこ紐の幅を絞るフロントストラップはADAPTのみの調整です。

OMNI360は3D構造なので、抱っこ紐の設定を変えずに幅を微調整することができるんです。

ADAPTとOMNI360の違いまとめ

ここまでを振り返って、改めてOMNI360とADAPTの特徴をまとめてみたいと思います。

OMNI360の特徴

OMNI360の特徴

  • 肩や腰のベルトがしっかりしていて疲れにくい。
  • 抱っこ紐の調整はカラーガイドでわかりやすい。
  • 前向き抱っこができる。
  • 唯一3Dエルゴノミックシートを搭載しており、エルゴベビーの中で最も快適な抱っこができる。

エルゴベビーの集大成ではないか!?と思うほどの機能を詰め込んでいるOMNI360は、子育ての中でも限られている「抱っこできる期間」を存分に楽しめる抱っこ紐だと言えます。

たとえ前向き抱っこをしなくても、抱っこ紐をたくさん使う方や、より快適な抱っこをしたい方におすすめしたいモデルです。

エルゴベビー OMNI360(オムニスリーシックスティ)

ADAPTの特徴

エルゴベビー ADAPTの特徴

  • 肩や腰のベルトがしっかりしていて疲れにくい。
  • 抱っこ紐の調整はカラーガイドでわかりやすい。
  • 前向き抱っこはできない。
  • 抱っこ紐の価格はOMNI360よりもお安い。
  • シンプルで、すっきりとした見た目。

エルゴベビーの中では「ベースモデル」のADAPTですが、赤ちゃんの快適性・抱っこする側の快適性・カラーバリエーション・シンプルなスタイルなど、抱っこ紐の性能を見るとベースモデルの中では最高レベルだと言えます。

前向き抱っこの機能がない分、OMNI360よりも約4,000円ほどお安くなります。

エルゴベビー ADAPT(アダプト)

 

Twitter始めました◎