エルゴベビーOMNI(オムニ)360で前向き抱っこする方法

こんにちは、こんです。

エルゴベビーの中で、前向き抱っこができるモデルOMNI360(オムニスリーシックスティ)

写真で解説!エルゴベビーOMNI(オムニ)360の正しい使い方

この記事では、OMNI360で前向き抱っこをする方法について詳しく解説します!

OMNI360で前向き抱っこができる条件は?

赤ちゃんも抱っこするパパ・ママも楽しめる「前向き抱っこ」。

前向き抱っこは、

1. お首が完全に座った5ヶ月(体重6.4kg)〜36ヶ月(体重15kg)までの赤ちゃん

2. 赤ちゃんの口元が抱っこ紐から完全に出ていること

という条件を満たした赤ちゃんが使うことができます。

OMNI360で前向き抱っこをする手順

前向き抱っこの準備をしよう

抱っこ紐を「前向き抱っこ仕様」に変えましょう。

まず、ネックサポートは下のボタンに留めます。

スライダーを内側にします。

以上が前向き抱っこの設定です。

シートアジャスタータブ(抱っこ紐の座面)は、赤ちゃんの身長に合わせた設定をします。

赤ちゃんの身長に合わせて、マジックテープを貼ってください。

(⬇︎クリックで拡大します)

A(赤ポジション) B(黄色ポジション) C(青ポジション)
身長50.8cm以上〜60cm 身長61cm以上
〜70cm
身長71cm以上
9カ月〜4歳ごろ
※ 月齢/身長はあくまで目安です。お子さんの体格に合わせて調整してあげてください。

 

こん

赤ちゃんの身体に負担がかかるので、必ず左右で同じ色に貼るようにしてください。

実際に抱っこをしていこう!

① 赤ちゃんを抱っこし、ベビーウエストベルトを留めます。

② 赤ちゃんの身体を抱っこ紐で包みます。

③ 肩ベルトに腕を通し、後ろのバックル(ネックストラップ)を留めます。

④ 赤ちゃんをしっかりと座らせ、肩ベルトの長さを調整します。

(おしりを持ち上げながらベルトを引くとスムーズです。)

\完成!!/

赤ちゃんのお首が抱っこ紐からしっかりと出ているか、確認してください◎

MEMO
もし、前向き抱っこ中に赤ちゃんが寝てしまったときは、通常の対面抱っこに戻しましょう。

OMNI360で前向き抱っこをするメリット

前向き抱っこは、

1. お首が完全に座った5ヶ月(体重6.4kg)〜36ヶ月(体重15kg)までの赤ちゃん

2. 赤ちゃんの口元が抱っこ紐から完全に出ていること

という条件を満たした赤ちゃんが使うことができます。

こん

赤ちゃんの長い人生の中で、本当に期間限定の経験ですよね◎

息子が生まれた時は、エルゴベビーに前向き抱っこできる商品はなかったので、今だったら絶対に試してみたいと思います😊

悩めるママ

でも前向き抱っこって、無理な体勢にはならないのかな?

大丈夫!OMNI360は、前向き抱っこの姿勢も快適なように作られているんです。

OMNI360での前向き抱っこは、赤ちゃんの足が斜め前に出ることが大きなポイント!

抱っこ紐にたっぷり奥行きがあるので、足は真横に開かず斜め前に出ます。

また、お腹の中で「M字の足(カエル足)」で過ごしてきた赤ちゃん。

MEMO

IHDI(国際股関節異形成学会)によると、

・おしりが下に沈み自然に左右に脚が開き、太ももが支えられながら股関節と膝が曲がって開いた姿勢。(M字型)

・自然な股関節の発達を促進しながら、股関節を押さえつけることが無く、自然に動かせること。

が重要とされています。

前向き抱っこでも、赤ちゃんの太ももを支えながら自然に左右に開く姿勢を保ちながら抱っこ出来るよう設計されています。

悩めるママ

これなら安心◎

エルゴが人気の理由は、赤ちゃんに負担がかからない姿勢を保つところにもあるのね。

まとめ

エルゴベビーOMNI360の前向き抱っこをご紹介しました。

慣れてしまえばとても簡単なので、お出かけ先や写真を撮るときなど、前向き抱っこを楽しんでくださいね◎