よく読まれている記事はこちら
エルゴOMNI(オムニ)360の正しい付け方&使い方

こんにちは、こんです。

抱っこ紐の中で最もメジャーなブランドとも言える「エルゴベビー」。

中でも人気のモデルとして、

  1. OMNI Breeze(オムニブリーズ)
  2. OMNI360(オムニスリーシックスティ)
  3. ADAPT(アダプト)

という3つの種類があります。

この記事では、OMNI360の特徴と正しい使い方について詳しくご紹介します。

OMNI360の特徴は?

OMNI360は、

  • 新生児から20kg(約4歳)まで抱っこできる
  • 前向き抱っこができる
  • 赤ちゃんが座る面が「3D構造」なので快適な座り心地

という特徴のモデルです。

こん
座面が「3D構造」なのはOMNI360だけの特徴です!

OMNI360の3D構造の座面

「3D構造」は、赤ちゃんを立体的に包み込みながら抱っこできるので、

  • 赤ちゃんの姿勢がより快適になる
  • 体重分散ができるので、抱っこが快適になる

というメリットがあります。

OMNI360はこんな人におすすめ
  • 赤ちゃんの姿勢(快適さ)を一番に重視したい。
  • 前向き抱っこを楽しみたい。

OMNI360の抱っこ紐を見る

OMNI360の正しい使い方は?

こん
OMNI360の設定は2ヶ所です。

1. お首(ネックサポート)の調整

OMNI(オムニ)360 ネックサポート

大切なお首を守るネックサポートは、赤ちゃんの月齢で変えます。

(⬇︎)クリックで拡大します。

生後6週目まで生後7週目から
内側に折り込む外側に出す
寝た時寝た時・日よけ
立ち上げるフード(日除け)を使う

ポイント

生後6週目までは、未熟なお首を支えるために内側に折ります。
OMNI(オムニ)360 ネックサポート 6週目
生後7週目からは、少しずつ自分で頭を動かすようになるので外側に折ります。
OMNI(オムニ)360 ネックサポート7週目

2. 座面(シートアジャスタータブ)の調整

OMNI(オムニ)360 シートアジャスタータブ

シートアジャスタータブで、抱っこ紐の幅を調整するので、赤ちゃんの身長に合わせて変えます。

身長ごとのポジションに合わせて、マジックテープをはり変えます。

OMNI(オムニ)360 シートアジャスタータブ

OMNI(オムニ)360 シートアジャスタータブ ng

こん
赤ちゃんの身体に負担がかかるので、必ず左右で同じ色に貼るようにしましょう!

【注意】スライダーは「抱っこの方法」で変える

抱っこ紐の正面についている「スライダー」は、抱っこの方法で変わります。

対面抱き・おんぶ・腰抱き前向き抱き
一番外側にする一番内側にする

めぐみさん
足が当たってるから少しだけ幅を狭めたい」とか、微妙な調整はどうしたら良いの?

OMNI360の座面は3枚の布で作られており、赤ちゃんに合わせた微調整ができます。

座面は、抱っこ紐のフチが膝裏にくるのがベスト。

(⬇︎)全て同じ設定で(写真は黄色ポジション)ここまで座面の幅を変えることができます!

めぐみさん
これは安心!
赤ちゃんに合わせて微調整できるから、抱っこが初めてのママも使いやすそうね。

OMNI360の抱っこ紐を見る

OMNI360を「新生児抱っこ用」に設定しよう

こん
赤ちゃんが生まれてOMNI360を用意したら、さっそく「新生児用」の設定にしてみましょう!

注意

エルゴベビーでの抱っこは新生児からできますが、

身長50.8cm以上、体重3.2kg以上

の赤ちゃんが対象です。

【新生児編】1. ネックサポートを設定する

新生児は、ネックサポートを内側に折り込みます。

(⬇︎)ボタンに紐をとめます。

(⬇︎)裏側から見るとこんな感じ。

【新生児編】2. シートアジャスタータブを設定する

新生児の時は、赤ポジション(身長50.8cm〜60cm)に設定します。

【新生児編】抱っこ紐のスライダーの位置

スライダーは、新生児の赤ちゃんでも一番外側に合わせます。

内側にするのは、前向き抱っこをする時(お首すわり後)のみなので注意しましょう。

以上の設定で、新生児の赤ちゃん(体重3.2kg以上、身長50.8cm以上)から使うことができます。

OMNI360を「前向き抱っこ」に設定しよう

OMNI360は、赤ちゃんが正面を向く「前向き抱っこ」ができます。

前向き抱っこには、

  • お父さん・お母さんと触れ合いながら、同じ高さで景色が楽しめる。
  • 対面向きに比べると幅広く景色を見せてあげられる。
  • 動物園やテーマパークでも活用できる。
  • 写真をお顔の正面から撮ることができる。

といったメリットがあります。

こん
前向き抱っこは、赤ちゃんが(⬇︎)の条件を満たしている必要があります。
  1. 首が完全にすわった、5ヶ月(体重6.4kg)〜36ヶ月(体重15kg)までの赤ちゃん。
  2. 赤ちゃんの口元が、完全に抱っこ紐から出ている。

※ 前向き抱っこ中に寝てしまったら、安全のため通常の「対面抱っこ」に戻しましょう。

【前向き抱っこ】ネックサポートの設定

ネックサポートは、赤ちゃんのお首が出るように外側に折りたたみます。

【前向き抱っこ】シートアジャスタータブの設定

シートアジャスタータブは、赤ちゃんの身長に合わせて設定します。
スライダーは一番内側にします。

OMNI(オムニ)360 前向き抱っこの方法

赤ちゃんにベビーウエストベルトを巻き、抱っこ紐に留めます。
赤ちゃんを抱っこ紐にまたがらせ、抱っこ紐を首元まで引き上げます。
後ろのバックルを留めます。
肩ベルトの長さを短く整えて
\完成/

OMNI360の抱っこ紐を見る

まとめ

エルゴベビー「OMNI360」の正しい付け方と使い方をご紹介しました。
初めてつける時は少し難しく感じるかもしれませんが、直感的にわかりやすい作りになっていますし、わかりやすい説明書も入っているので安心です◎

子育ては長いけど、「お子さんが抱っこ紐を使う時間」は本当にごくわずか。

抱っこの時間を楽しみましょう♩

 

エルゴベビーの抱っこ紐はこちら

Twitter始めました◎

こちらの記事も読まれています