エルゴベビーOMNI(オムニ)360の正しい付け方&使い方

こんにちは、こんです。

世界中の子育て世帯が愛用し、日本で最もメジャーな抱っこ紐だと言える「エルゴベビー」。

中でも一番人気なのが、エルゴ至上最高スペックのモデル「OMNI360(オムニスリーシックスティ)」です。

OMNI360はこんな抱っこ紐

・新生児(3.2kg)から抱っこ紐卒業まで長く使える。

・前向き抱っこができる

・立体感のある座面「3Dエルゴノミックシート」搭載。

・落ち着いた色のメッシュ素材が人気。

・肩や腰のサポートが厚く疲れにくい

こん

どの抱っこ紐を買おうか迷ったら、「必ず検討すべき抱っこ紐」だと言えます!

この記事では、OMNI360の正しい装着方法や使い方についてご紹介していきます。




OMNI360を赤ちゃんに合わせて設定しよう

こん
OMNI360の設定は2ヶ所です。

❶ お首(ネックサポート)の調整

まずは、「ネックサポート」を調整していきます。

お首をしっかり支えるために、赤ちゃんの月齢で変えていきます。

(⬇︎)クリックで拡大します。

生後6週目まで 生後7週目から
内側に折り込む 外側に出す
寝た時 寝た時・日よけ
立ち上げる フードカバーを使う

ポイント

生後6週目までは未熟なお首をしっかり支えるために、内側に折ります。

生後7週目からは、少しずつ自分で頭を動かすようになるので外側に折ります。

❷ 座面(シートアジャスタータブ)の調整

次に、「シートアジャスタータブ」を調整していきましょう。

シートアジャスタータブは、抱っこ紐の幅を調整するものなので、赤ちゃんの身長に合わせて変えます。

(⬇︎)クリックで拡大します。

A
(赤ポジション)
B
(黄色ポジション)
C
(青ポジション)
身長50.8cm以上〜60cm 身長61cm以上
〜70cm
身長71cm以上
9カ月〜4歳ごろ

※ 月齢/身長はあくまで目安です。お子さんの体格に合わせて調整してあげてください。

身長ごとのポジションに合わせて、マジックテープをはり変えます。

こん
赤ちゃんの身体に負担がかかるので、必ず左右で同じ色に貼るようにしてください。

【注意】スライダーは「抱っこの方法」で変える

抱っこ紐の正面についている「スライダー」は、抱っこの方法で変わります。

対面抱き・おんぶ・腰抱き 前向き抱き
一番外側にする 一番内側にする

こん
新生児を抱っこする時も、スライダーは一番外側に合わせます。
(新生児は「対面抱っこ」のみ可能です)

しょうこさん
「足が当たってるから少しだけ幅を狭めたい」とか、微妙な調整はどうしたら良いの?

OMNI360の座面は3枚の布で作られており、赤ちゃんに合わせた微調整が簡単にできます◎

座面は(⬇︎)このように、抱っこ紐のフチが赤ちゃんのひざ裏にくるのがベスト。

(⬇︎)OMNI360の座面は、全て同じ設定で(写真は黄色ポジション)ここまで座面の幅を変えることができます!

しょうこさん

これは安心!

赤ちゃんに合わせて微調整できるから、抱っこが初めてのママも使いやすそうね。

 

OMNI360を「新生児抱っこ用」に設定しよう

赤ちゃんが生まれてOMNI360を用意したら、さっそく「新生児用」の設定にしてみましょう!

注意

エルゴベビーでの抱っこは新生児からできますが、
身長が50.8cm以上、体重が3.2kg以上の赤ちゃん
であることが条件です。

【新生児編】❶ お首のサポートを設定する

新生児は、ネックサポートを内側に折り込みます。

(⬇︎)ボタンに紐をとめます。

(⬇︎)裏側から見るとこんな感じ。

【新生児編】❷ 抱っこひもの幅を設定する

新生児の時は、赤ポジション(身長50.8cm〜60cm)にマジックテープをとめます。

【要注意】抱っこ紐のスライダーの位置

スライダーは、新生児の赤ちゃんでも一番外側に合わせてください。

内側にするのは、前向き抱っこをする時(お首すわり後)のみです。

以上の設定で、新生児の赤ちゃん体重3.2kg以上、身長50.8cm以上から使うことができます。

OMNI360は「前向き抱っこ」が魅力!

画像出典:エルゴベビー公式サイト

OMNI360は、赤ちゃんが正面を向く「前向き抱っこ」ができるモデルです。

同じ正面向きでもベビーカーとは違い、

  • お父さん・お母さんと触れ合いながら、同じ高さで景色が楽しめる。
  • 対面向きに比べると幅広く景色を見せてあげられる。
  • 動物園やテーマパークでも活用できる。
  • 写真をお顔の正面から撮ることができる。

といったメリットがあります。

赤ちゃんも一緒に楽しめる!

前向き抱っこは、赤ちゃんが下の2つの条件を満たしている必要があります。

前向き抱っこの条件

・ 首が完全にすわった、5ヶ月(体重6.4kg)〜36ヶ月(体重15kg)までの赤ちゃんであること。

・ 赤ちゃんの口元が、完全に抱っこ紐から出ていること。

※ 前向き抱っこ中に寝てしまったら、安全のため通常の「対面抱っこ」に戻しましょう。

OMNI360を「前向き抱っこ用」に設定しよう

シートアジャスタータブは、赤ちゃんの身長に合わせ設定します。

 

ネックサポートは、赤ちゃんのお首が出るように折りたたみます。

 

スライダーを一番内側にします。

前向き抱っこの手順

赤ちゃんにベビーウエストベルトを巻き、抱っこ紐に留めます。
赤ちゃんを抱っこ紐にまたがらせ、抱っこ紐を首元まで引き上げます。
後ろのバックルを留めます。
肩ベルトの長さを短く整えて
\完成/

OMNI360の前向き抱っこが快適な理由

こちらの記事でも詳しく紹介しているのですが、OMNI360の座面は奥行きが深く作られていることが特徴です。

\比べてみると一目瞭然/

ADAPT OMNI360
ADAPT 横から見たところ OMNI360 横から見たところ

この立体的な構造は、前向き抱っこでも役立ちます。

抱っこ紐の座面が浅い場合、赤ちゃんの足は真横に開いてしまいますが、奥行きがある場合は、足が自然と斜め前に出ます。

椅子に座っているような自然な姿勢に◎

抱っこ紐は、赤ちゃんの発育にも関わることなので慎重に選びたいもの。

エルゴベビーは、IHDI(国際股関節異形成学会)が定めるポイントもクリアし、整形外科の先生も認める姿勢で抱っこすることができる、赤ちゃんに優しい抱っこ紐なのです。

まとめ

エルゴベビー「OMNI360」の正しい付け方&使い方をご紹介しました。
初めてつける時は少し難しく感じるかもしれませんが、色分けされていたり、感覚的にわかりやすい作りになっている印象です。
わかりやすくまとまった取扱説明書も同封されているので安心です。

パソコン・スマホからも確認できます◎

抱っこ紐の平均使用時間は約2時間と言われており、「いかに快適に抱っこできるか」はとても大切なポイントです。

OMNI360の人気の理由にもまとめましたが、OMNI360は、赤ちゃんにもパパ・ママにも優しい工夫がたくさん。

赤ちゃんに安心して使えること、お父さんお母さんが快適に使えることが人気の理由です。

「子育てをする」期間は長いけど、「お子さんが抱っこ紐を使う時間」は本当にごくわずか。

抱っこの時間を楽しみましょう♩

 

Twitter始めました◎