抱っこ紐

エルゴOMNI(オムニ)360の特徴と人気の理由まとめ

こんにちは、こんです。

人気の抱っこ紐エルゴベビーのOMNI360(オムニスリーシックスティ)というモデルが不動の人気です。

OMNI360は、

❶ 3.2kg以上の新生児からインサートなしで抱っこできる。

❷ 前向き抱っこができる。

❸ メッシュ素材が登場!

❹ 腰のパッドがしっかりしていて疲れにくい。

❺ 肩ベルトをクロスにできて、小柄やなで肩のママでも安心。

というエルゴの中でも最高のスペック。さっそく、詳しく見ていきましょう!

OMNI360のデメリットって何?

OMNI360にはメリットが多いので、先にデメリットから紹介したいと思います。

ずばり、値段が高いこと!これに尽きると思います😅

OMNI360には前向き抱っこができる機能が付いているので、前向き抱っこができないADAPTと比べると値段が高めです。

コットン素材
ADAPT OMNI360
¥23,760(税込) ¥27,000(税込)
メッシュ素材
ADAPT OMNI360
¥28080(税込) ¥31,320(税込)

前向き抱っこはしないという方はADAPTを検討しても良いと思います。

ただし、「座面の奥行きがOMNI360の方が深い」などの違いもあるので、詳しくはこちらの記事も参考にしてみてください。

エルゴ「アダプト」と「オムニ360」の違いを徹底比較!こんにちは、こんです。 エルゴの抱っこ紐 OMNI360(オムニスリーシックスティ)とADAPT(アダプト)は、今やエルゴベビーの...

OMNI360のメリットや特徴は?

❶ OMNI360限定!立体構造の「3Dエルゴノミクスシート」

こん夫
こん夫
エルゴって足が開きすぎ?と心配するお母さんも多いみたいだけど、どうなんだろう?
こん
こん
大人から見るとそう見えるよね!

でも、赤ちゃんはM字の足(カエル足)が自然な姿勢なんだよ。

⬇︎M字の足というのは、おしりを底辺に、お膝が自然に斜め上にあがる姿勢だよ。

新生児の脚はM字型に開きます。これはお腹の中にいる時の丸い姿勢と同じ。

3カ月頃までは無理に脚を伸ばさず、自然に脚を広げ、膝が曲がった状態の抱っこを。後天的な股関節脱臼の予防にもつながります。(扇谷先生)

引用:DADWAY公式サイト

こん
こん
座面の奥行が狭いと、赤ちゃんの足は真横に開いてしまい負担がかかる。

でもエルゴベビーの抱っこ紐は、どれも座面が立体的に作られている「立体縫製」だから、足が斜め上にあがって赤ちゃんもゆったり座れるんだ。

さらに!OMNI360に限っては、より立体型な「3Dエルゴノミックシート」を採用。

こん夫
こん夫
え!OMNI360以外のエルゴでも快適なのに、OMNI360はさらに上をいくっていうこと?!
こん
こん
そういうこと!

奥行きのあるシートにたっぷり深く座れるから、赤ちゃんの座り心地は最高レベルだよ!

赤ちゃんは抱っこ紐で過ごす時間が多いから、座り心地を大切にしていることもOMNI360の人気の理由だよ。

OMNI360を詳しくみる

❷ 興味を引き出せる前向き抱っこ

OMNI360の醍醐味は、前向き抱っこができること!

前向き抱っこの条件

❶ お首が完全に座った、5ヶ月(体重6.4kg)〜36ヶ月(体重15kg)までの赤ちゃん。

❷ 赤ちゃんの口元が抱っこ紐から完全に出ていること。

前向き抱っこは、お母さんと触れ合いながら、赤ちゃんの興味に応えられることが良いなー!と私は思います。
ベビーカーも赤ちゃんは「前向き」ですが、お母さんとの距離は遠いです。

前向き抱っこでは、お母さんのぬくもりを感じられるから赤ちゃんもより安心。
動物園や水族館に行くような月齢になると、同じ目線で景色を見せてあげることもできます。

写真を撮ろう!という時も、前を向いてくれる確率が上がるかもしれませんね☺️

OMNI360を詳しくみる

❸ わかりやすい作り

抱っこ紐を使う時「これで合ってるのかな・・?」と不安になるもの。

でもOMNI360は、直感的で始めて使う人でもわかりやすくなっています。

設定は 足の開き方お首のサポートの2つでほぼOKです!

(1)足の開き方(シートアジャスタータブ)の調整

まず、赤ちゃんの身長に合わせて足の開き具合をセットしましょう。

⬇︎例えば、50.8cm〜60cmの赤ちゃんはポジション。

マジックテープでペタリ。

身長に合わせて、赤➡︎黄色➡︎青 と広げていけばOK。

赤ちゃんの身長めやす

❶ 赤・・50.8cm〜
❷ 黄・・61cm〜
❸ 青・・71cm〜

でも「マジックテープって怖くないかな・・?」と思い、DADWAYさんに聞きました。

こん
こん
マジックテープって、強度は安心なんですか?(子どもの靴のイメージ・・)
DADWAYさん
DADWAYさん
実はマジックテープは強力な素材で、宇宙飛行士さんの道具にも仕様されるほどなんです。

さらに、シートアジャスターをお母さんのお腹に当てて使うので、正しく着用すればお子様が落下する心配はありませんよ。

こん
こん
なるほどー!

(2)お首のサポート(ネック&ヘッドサポート)の調整

つぎにお首のサポートを調整します!

まず、エルゴが使えるようになる「3.2kg」を超えてから生後6週目になるまでは、未熟なお首をしっかり支えるために、ネック&ヘッドサポートを内側に折り込んで使います。

生後7週目以降は、少しずつ自分で頭を動かせるようになるのでネック&ヘッドサポートを外側に折り返して使います。

寝た時はサポートを立ち上げます。

こん
こん
赤ちゃんは寝ている時、ガクーンと首が反り返る子が多いみたい。(うちもそうでした!)

「この姿勢大丈夫か・・?」と心配だったけれど、この支えがあれば安心!

日差しよけにもなるスリーピングフードも入っています。

こんな感じ!簡単ですよね🌟

ときおりお首の向きを変えてあげる必要はありますが、ぐらつくこともなく安心。

⬇︎ちなみに公式HPの写真はこのぐらいの密着感です。

肩ベルトの長さを調整すると、お母さんとの空間を調整できますよ!

エルゴの正しい付け方・使い方!腰ベルトや肩ベルトの調整は?足が開きすぎ?こんにちは、こんです。 このブログでも度々紹介しているエルゴベビーの抱っこ紐。肩腰が楽で、赤ちゃんも快適なので人気があります。 ...

❹ 体重分散してくれる腰ベルト

この、腰のホールド感は・・そう、コルセットだ!!!

OMNI360ADAPTは腰のベルトがしっかりしているのが大きなポイントです。

抱っこ紐で寝かしつけたり、電車移動の間に抱っことなると、抱っこが長期戦になることも・・。

そんな時にありがたいのが、この腰のパットです

こん
こん
OMNI360の腰ベルトは、赤ちゃんの体重が広い面に分散されるから快適〜!

実際につけてみて、コルセットのような安定感と安心感がありました。

腰ベルト調整のワンポイント

腰ベルトをきつくしたい時は、ベルトを上下に動かしましょう。
いちに!いちに!と早めに動かすと締まりやすいですよ。

(⬇︎クリックで拡大します)

➡︎

OMNI360を詳しくみる

❺ 証明されている「14%」

※ これはエルゴシリーズ共通のお話です。

エルゴは「疲れにくい」と評判ですが、他社と比べてどれぐらい疲れにくいのか?ということは重要なポイントですよね。

こちらは、月齢7ヶ月くらいのお人形をおんぶした時の図です。他社の製品とエルゴベビーで比較をしました。

(⬇︎クリックで拡大します)

なんと、他社の抱っこ紐でかかる圧力を100とした時、エルゴベビーにかかる圧力は、その14%程度。

つまり、圧力を約85%も軽減しているということになります。

こん
こん
私も友達と「エルゴは肩と腰が楽なんだよね〜」なんて話してたけど、そりゃ楽なわけだわ!!
こん夫
こん夫
たしかに(笑)育児って毎日のことだから、頼れる道具ってほんと大事だよね!!

❻ 抱っこ紐の調整もスムーズ

OMNI360は、肩ひもの長さを調整するベルトが前についているので抱っこ紐のサイズを調整しやすくなっています。

例えば、

・他の人に抱っこを代わる時

・赤ちゃんとお腹が当たって苦しい!もう少しだけゆるくしたい

なんて時も、手が届きやすい位置でスルスル〜と調節することができます。

こん
こん
コートを着たままでも、リュックを背負ったままでも調整OK!これ私のイチオシです!

OMNI360を詳しくみる

❼ 待ってました!メッシュタイプ

OMNI360クールエアが登場し、人気がさらに加速しています!

カラーラインナップ

ミッドナイトブルー グレー カーキ
ブラック オックスフォードブルー
ベビーザらス限定カラー
OMNI360クールエア/チャコールグレー
¥31,318

OMNI360を詳しくみる

まとめ

私たちもエルゴユーザーでしたが、「OMNI360がもっと早くに出ていれば欲しかった!」というのが素直な感想です!

最強のスペック&使いやすさのOMNI360、メッシュも合わせてぜひ検討してみてください!

エルゴベビー公式サイトはこちら




ABOUT ME
こん
30代1児(男子)の母のこんです。 「本当におすすめしたい商品か?」という視点を大切に、どの分野でも正直な商品レビューを心がけています。 エルゴベビー解説が得意です。約4年の高度不妊治療(顕微受精)の経験があります。