プレミアムウォーターamadana(アマダナ)の違いを徹底比較

こんにちは、こんです。

私たち家族は、プレミアムウォーターの「amadana(アマダナ)ズタンダード」を使っています。

デザイン性に優れ、チャイルドロックが3重にかけられるので、小さい子がいる家庭にも安心です。

実は、アマダナタイプにはもう1種類モデルがあります。

\amadanaウォーターサーバー/

今回は「amadanaウォーターサーバー」と、私たちが使う「amadanaスタンダードサーバー」を比較してみたいと思います。

1. スタイルの違い

amadanaウォーターサーバー

アマダナタイプの第一弾として登場したのがamadanaウォーターサーバーです。

amadanaウォーターサーバー ホワイト

amadanaウォーターサーバー ブラック

amadanaウォーターサーバーの特徴は、何と言ってもモダンな天然木の置き台。

天然素材のため、一つ一つ風合いが異なります。

スタイリッシュな雰囲気は、オフィスや美容院に置いてあっても素敵です!

amadanaウォーターサーバー ブラウン

amadanaスタンダードサーバー

そして、こちらはamadanaタイプの第二弾として登場したamadanaスタンダードサーバーです。

amadanaスタンダードサーバー ブラック

潔さを感じる、平面で構成されたシンプルなデザイン。

インテリアに馴染むから、どんなお部屋でも違和感なく置くことができます。

(⬇︎)私たちはホワイトを使っています。

ウォーターサーバー業界「最スリムクラス」

amadanaスタンダードサーバーは、横幅26.5cmとかなりスリム!
(ちなみにamadanaウォーターサーバーは28cmです。)

amadanaスタンダード 横幅はスリム
画像:プレミアムウォーター公式サイト

こん
省スペースでOKなので、本当に助かっています◎

amadanaタイプのカラーはそれぞれ3色

amadanaウォーターサーバー amadanaスタンダードサーバー
amadanaスタンダード ホワイト・ブラック・ブラウン

ボトルカバーは、お水の残量がわかるよう透明感のある素材になっています。

こん
amadanaウォーターサーバーは、質感の違うボーダーのデザイン。
格好良さをプラスしています!

amadanaウォーターサーバー ボトルカバー

2.チャイルドロックの違い

amadanaウォーターサーバー

amadanaウォーターサーバーのチャイルドロックは、お湯コックの上部に付いています。

amadanaウォーターサーバー チャイルドロック

こん
冷水はバーをそのまま押せば出ますが、お湯は、蓋をあげてボタンを押しながらバーを押さないと出ないようになっています。

サーバーの裏側にある②の部分は温水スイッチで、ON/OFFの切り替えも可能で、元から温水をOFFにすることもできます。

amadanaウォーターサーバー 温水スイッチ
画像:プレミアムウォーター公式サイト

amadanaスタンダードサーバー

こん
私たちがamadanaスタンダードサーバーを選んだ大きな決め手が、チャイルドロック機能です!

amadanaスタンダードサーバーには、温水スライドロックチャイルドロックボタン脱着式コックカバーという3つのチャイルドロックがあります。

先ほどのamadanaウォーターサーバのチャイルドロックボタンは、温水コックのみについている仕様でしたが、amadanaスタンダードサーバーには冷水にもチャイルドロックボタンがついています。

さらに!温水のボタンカバーは、温水スライドロック(つまみ)を動かさないと開きません。

温水を出すためには、

① 温水スライドロックをスライドさせる

② チャイルドロックボタンのカバーを上げ、ボタンを押しながらカップを押し当てる。

という手順になります。

amadanaスタンダードサーバーには、コック自体を隠す脱着式コックカバーもついています。

3.加熱クリーンシステムについて

amadanaウォーターサーバーは、裏側にあるクリーンスイッチを押すことで、冷水内の水を加熱しクリーンな状態を保つことができます。

amadanaウォーターサーバー ブラック

加熱クリーン中に間違って操作することがないように、ダブルロックカバーをつけて、

クリーンスイッチを押します。(図の①の部分です)

amadanaウォーターサーバー クリーンスイッチ

注意

クリーンシステムは、作動中と作動後4時間ほどサーバーを使うことができなくなります。

こん
クリーンシステム中はウォーターサーバーを使えないので、外出時や就寝時にクリーンシステムを作動させると良いかもしれません◎

しょうこさん
ダブルロックカバーはクリーンシステム用だけど、チャイルドロック代わりとしても使えそうよね!
【※注意】 amadanaスタンダードサーバーには、加熱クリーンシステムはありません。

4.サーバーレンタル料

amadanaウォーターサーバー amadanaスタンダードサーバー
1,100円(税込) 無料

amadanaウォーターサーバーの場合、お水代の他に、月々1,100円のサーバーレンタル料がかかります。

こちらのamadanaスタンダードサーバーは、サーバーレンタル料はかかりません。

お水代だけで利用することができます。

アマダナタイプ2つのサーバーの違いをまとめると

ここまでそれぞれの特徴を見てきましたが、違いをまとめてみました!

商品名 amadanaウォーターサーバー amadanaスタンダードサーバー
サイズ 本体 H85cm×W28cm×D31cm H132cm×W26.5cm×D31.3cm
専用台 H55cm×W39cm×39cm なし
重量 ブラウン・ブラック
18.3kg
(※専用台含む)
ホワイト
19.5kg
(※専用台含む)
16.5kg
容量 冷水タンク 1.2L 2.2L
温水タンク 0.9L 2.0L
温度 冷水 約6℃ 約6℃
温水 約87℃ 約87℃
搭載機能/付加機能 温度過昇保護装置、加熱クリーンシステム
温水コックチャイルドロック、ダブルロックカバー
温度過昇保護装置、温水スライドロック
冷温水チャイルドロックボタン、コックカバー
定格消費電力 冷却 80W 80W
加熱 350W 350W
定格電圧 AC100V/50〜60W AC100V/50〜60W
備考 専用台は天然素材の木材のため、多少の色の誤差あり
加熱クリーンシステム あり なし
チャイルドロック機能 ボタン 温水コックのみ 温冷水コック
温水スライドロック なし あり
脱着式コックカバー なし
(ただし、クリーンシステム用のロックカバーは付属している)
あり
サーバーのレンタル料 月1,100円 なし
月額電気料金 約980円 約1,060円

大きな違いとしては、

  1. 加熱クリーンシステムがあるか?
  2. チャイルドロックの数
  3. サーバーのレンタル料がかかるか?

というところになります!

まとめ

2種類のamadana(アマダナ)タイプの違いをご紹介しました。

私たちはamadanaスタンダードを使っていますが、決め手はチャイルドロックの多さとレンタル料が無料というポイントでした。

プレミアムウォーターには、他にもサーバーが揃っているので、合わせてチェックしてみてください◎

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事