プレミアムウォーター「スリムサーバー」を使った感想を紹介するよ

こんにちは、こんです。

今回は、私の実家で使っているウォーターサーバー「プレミアムウォーター」を紹介します。

モデルはスリムサーバーのショートタイプ

プレミアムウォーターには色々なモデルがありますが、実家で使っているのは標準型のスリムサーバー(ショートタイプ)です。

 

[chat face=”woman_62.jpg” name=”こん母” align=”right” border=”gray” bg=”none”]他にスペースもなかったし、電子レンジ横が空いていたからさ。

台に置けるショートタイプにしたよ![/chat]

\限られたスペースも有効活用出来る/

プレミアムウォーター

水(お湯)の出し方とチャイルドロック

熱湯が出るウォーターサーバーを使う上で、チャイルドロックは大切なポイント。

プレミアムウォーターは小さい子がいても安心な工夫がされていますよ!

まず、チャイルドロックボタンカバーを開けます。

赤いチャイルドロックボタンを押しながら、

バーをカップで前に押すとお湯がでます。

さらにダブルロックカバーを取り付けることで、ボタン操作を制限することもできます。

水がおいしいことが購入の決定打

 

こん

プレミアムウォーターは「水の味がおいしい」ということが購入の決め手だったんだよね?
そうそう!

買う前に慎重派のこん弟にも相談したんだけど、試しに飲ませてもらった水の美味しさに驚いていたよ。

こん母

プレミアムウォーターが美味しい理由は2つあります!

理由その1 ナチュラルミネラルウォーターだから

プレミアムウォーターはナチュラルミネラルウォーターを使っています。

ナチュラルミネラルウォーターは、地中でミネラル成分が溶解した地下水を原水とし、処理方法などの基準を満たしているお水。

一方「RO水(ピュアウォーター)」というのは、純水に人工的にミネラル成分を添加したもの。水道水からも簡単に作れてしまうんだとか!

ミネラルは5大栄養素の一つで、代謝活動の中心となる栄養素。私たちの身体を正常に維持するためには欠かせません。

赤ちゃんのミルクに使ったり子どもにも飲ませるものだからこそ、プレミアムウォーターのように自然のミネラルを含んだ天然水がおすすめです。

理由その2 非加熱処理だから

ウォーターサーバーの多くは「加熱処理」を行っています。

加熱処理をすることで、低コストで生産・管理ができる一方、お水の美味しさを引き立てる「溶存酸素」が激減してしまうんです。

さゆり先生

溶存酸素は水の中に含まれている酸素量のことよ。

おいしいお水ほど酸素量は多く、水質が高いという目安になるの。

プレミアムウォーターでは、溶存酸素が減りにくい非加熱処理をおこなっています。

天然水本来の口あたりの良さ・まろやかさを際立たせ、天然のミネラル成分も壊さない工夫がされています。

プレミアムウォーター公式サイト

従来モデルより電気代削減

温水タンクのヒーター方式の改良・保温仕様の変更により、従来のスタンダードサーバーと比べると、約50%もの電気代をカットしている本サーバー。

さらに就寝の際など、部屋が暗くなるとエコセンサーが感知し、温水タンクの加熱モードを自動で止める光センサー方式のエコモード機能も搭載。通常使用時に比べて、約20%も削減可能になりました。

4色から選べるカラー

プレミアムウォーター「スリムサーバー」は4色のカラーから選ぶことができます。

⬇︎クリックで拡大します。

ピュアホワイトベビーピンクプレミアムブラックプラチナシルバー

こん

実家ではスリムサーバー「ショートタイプ」を使っていますが、サイズ違いの「ロングタイプ」もあります。

ロングタイプ・ショートタイプの違いはこちら

ロングタイプショートタイプ
サイズ
(高さはボトルカバー含む)
H   1.272mm
W     270mm
D      337mm
H   820mm
W  270mm
D   354mm
重量18.0kg15.0kg
容量冷水タンク:2.4L
温水タンク:1.8L
冷水タンク:2.4L
温水タンク:1.35L
温度冷水タンク:約6℃  温水タンク:約85℃
搭載機能 / 付加機能エコモード(ON/OFF 可能)
温度過昇保護装置
冷温水コックチャイルドロック
冷温水チャイルドロックボタンカバー
ダブルロックカバー
定格消費電力冷却:80W  加熱:350W
定格電圧AC100V / 50〜60Hz
月額電気料金通常:630円
エコモード:約500円
通常:約790円
エコモード:約630円

 

プレミアムウォーター公式サイト