我が家が池田屋のランドセル「ベルバイオ」に決めた理由!

こんにちは、こんです。

息子のこんすけは、今年小学一年生。

2019年の春頃からランドセル選び、いわゆる「ラン活」を始め、見学などにも行って 池田屋のランドセルを買うことに決めました。

今回は、池田屋のランドセルを選んだ決め手をご紹介します。

池田屋ランドセルのデメリットは「シンプル」だということ

池田屋のランドセルのデメリットをあえて挙げると、シンプルなデザインだということかもしれません。

華やかさのあるランドセルや、個性的なデザインが良いという場合は他のメーカーの方が選びやすいと思います。

ただし、我が家にとってはシンプルなことがメリットでした。

こん

息子は「色は黒が良い」と言っていましたが、デザインにこだわりがありませんでした。

6年間という長い期間使うことを考えて、あえてシンプルなものを選びました。

池田屋 ベルバイオ「クロ×クロ」

池田屋のランドセルが「刺繍」を入れない理由

池田屋のランドセルには、刺繍が入ったものがありません。

今時珍しいかも!なぜなのかしら?

しょうこさん

ひとつ目の理由は、縫い目から水が染み込んでしまうからです。

刺繍に染み込んだ水は、そのまま縫い糸を伝って内側に。いくら防水加工の素材でも、縫い糸からの浸水は防げません。

そして、二つ目の理由は、縫い目から素材が痛んでしまうから。

並んだ針穴はキリトリ線と同じ。針穴が増えれば、当然素材が裂けやすくなり、強度も落ちてしまいます。

池田屋のランドセルは、「子どもが長く使えるランドセル」というコンセプトを大切にしているのね!

しょうこさん

汚れに強く、軽い素材の「ハイブリッド構造」

私たち夫婦が、ランドセル選びでこだわったポイントは軽量であることです。

こん

先輩ママさんから、今の小学生の荷物は多いを聞いていたのと、通学路に少し坂があるので、「低学年から使いやすい軽いランドセルがいいな」と考えていました。

池田屋のランドセルは、牛革の「丈夫でしなやか」というメリットと、人工皮革「軽量で水に強い」メリットのの良いとこ取りであるハイブリッド構造です。

オール牛革製 オール人工皮革製 ハイブリッド構造
軽さ・・△ 軽さ・・◎ 軽さ・・◎
丈夫さ・・◎ 丈夫さ・・△ 丈夫さ・・◎
防水・・△ 防水・・◎ 防水・・◎

池田屋のランドセルは、全モデルで「ハイブリッド構造」を採用しているので、構造・強度・防水力は共通のスペックです。

ランドセルの裏側は防水力のある人工皮革、肩ベルトの表は馴染みやすい牛革を使っているのね!

しょうこさん

こん

汗をかくから、通気性の良い背当ても嬉しいポイントです◎

ランドセル本体の表面の素材を選ぼう!

実際に体験会に参加してランドセルを手に取ってみると、ランドセルが軽さにビックリ!

これにするー

こんすけ

息子が速攻で選んだのは、ベルバイオという素材です。

ベルバイオは、池田屋のランドセルのために開発された特別な人工皮革で、軽量で防水力があり、牛革のようなツヤ感と風合いもあるという、いいとこ取りのモデルです。

こん

「ベルバイオ」「牛革」「クラリーノ」と全てのタイプを背負いましたが、軽量さと見た目の重厚感のバランスが気に入り、ベルバイオを購入することにしました。

まとめ

私たちが選んだ「池田屋」のランドセルについてご紹介しました。

一生に一度のランドセル選びなので、いろいろな情報を集めて考えましたが、「子どもの使いやすさ(長く使えることも含めて)」という原点に戻り、選んだのが池田屋のランドセルです。

ランドセルの老舗ならではの仕様で、子ども思いの工夫がたくさんあります。ぜひ検討してみてくださいね。