よく読まれている記事はこちら
温活できる葉酸サプリ。ショウガ葉酸の効果を徹底解説!

こんにちは、こんです。

カップルの6組に1組が「何らかの不妊」に悩んでいると言われている現代。

私も約4年間の不妊治療(体外受精)を経験し、妊娠するためには
  • 卵子の質の老化
  • 身体の冷え


重要だということを痛感しました。

このサイトでは、妊活〜出産後に必須の「葉酸」を摂取しながら、身体の冷えを予防できる「ショウガ葉酸」をおすすめしています。

今回は、

こん

ショウガ葉酸の効果ってどんなことが期待できるの?

というポイントについてまとめてみました!

葉酸サプリ選びの参考にしてみてください◎

【効果.1】生姜の有効成分で身体を芯から温める

女性にとって「冷え症」は、とても身近に起こりがちなトラブルです。

めぐみさん

うーん、私はそこまで冷え性だと思わないんだけどな・・。

実は女性には、

  • 子宮や卵巣が骨盤周りにあるので構造が複雑。
  • 男性よりも筋肉量が少なく、身体が冷えやすい。

という特徴があります。

こん

私はとても暑がりなのに「お腹が冷えている」と鍼灸の先生に言われて驚きました。

「妊娠したい」と考えている女性の身体が冷えていると、

  • 卵子を育て、子宮内膜を厚くするホルモンが届きづらい。
  • 卵子の質が悪く受精できない着床しづらい薄い子宮内膜になる

という悪影響があります。

一方、身体が内側から温まることで、

  • 血流に乗って豊富なホルモンや栄養が全身に行き届く。
  • 質の良い卵子が育ち受精しやすい着床しやすい厚みのある子宮内膜が育つ

というメリットがあります。

こん

葉酸を取りながら、身体の冷えも改善できる「ショウガ葉酸」はとても効率的です!

生姜の有用成分「ショウガオール」をたっぷり配合!

生姜には、身体を温める効果のあるショウガオールという成分が含まれています。

生姜に含まれるショウガオールには、血行を促進する作用や、体を温める働きがあるほか、新陳代謝を活発にし、発汗作用を高める働きがあります。

引用:旬の食材百貨

ショウガ葉酸は、ショウガオールを普通の生姜よりも多く含む高知県産の黄金しょうがを使用して作られています。

左が「黄金しょうが」、右が普通の生姜

ショウガ葉酸 黄金しょうが

色味が濃く豊か!

そして、製造方法にもこだわります。

生姜を高温で加熱すると、ショウガオールを始めとする有効成分が壊れるという特徴があるため、低温でじっくり火を入れる「蒸し製法」を採用。

こん

時間のかかる製造方法ですが、生姜の有効成分を壊さない工夫を大切にしています。

温活作用のある「ショウガオール」を多く配合することで、血流を良くし、効率よく身体の内部から熱を作り出すことができるのです。

 


ショウガ葉酸公式サイト

【効果.2】身体に合わせた栄養量を摂取できる

栄養は身体づくりの要。

妊活中〜授乳中は、必要な量を十分に摂取する必要があります。

めぐみさん
栄養はたくさん取っておけば安心よね?

こん
必要量を満たすことは大切!
でも、栄養の取りすぎにも恐ろしい弊害があるんです。

身体に必要な栄養素の量は、妊娠前、妊娠前期・妊娠後期で大きく変わります。

栄養の過剰摂取による悪影響

良かれと思って必要以上に栄養を取ってしまうと、(⬇︎)このようなリスクがあります!

過剰摂取による悪影響

・葉酸の取りすぎ
神経障害・後外側脊髄変性など。子どもの小児喘息が増えるという論文もある。
・カルシウムの取りすぎ
便秘・泌尿器系結石・鉄や亜鉛の吸収障害など
・鉄の取りすぎ
消化器官への障害・便秘など
・マグネシウムの取りすぎ
下痢など
・亜鉛の取りすぎ
消化器官への障害など

めぐみさん
これは避けたい・・!
でも、素人には適切な配合量なんてわからないわよね?

こん
大丈夫!
ショウガ葉酸は「時期合わせた配合量のサプリ」が届くようになっています◎

ショウガ葉酸の栄養配合量の違い

(⇒横にスクロールできます)

妊活中〜妊娠4ヶ月妊娠5ヶ月〜出産まで
前期のサプリ後期のサプリ
ショウガ葉酸 前期ショウガ葉酸 後期
葉酸 400μg(※)鉄 9mg葉酸 240μg鉄 21.5mg
(⬇︎)その他の栄養量は共通
カルシウム
220mg
亜鉛
2.9mg
マグネシウム
125mg
ビタミンD
7μg
ビタミンB1
1.3mg
ビタミンB2
1.5mg
ビタミンB6
1.4mg
ビタミンB12
2.8μg

(※)前期・後期共に厚労省推奨の「モノグルタミン酸型葉酸」を採用

(★)過剰摂取に気をつけたい栄養素(カルシウム・マグネシウム・亜鉛)は、食事摂取量を差し引いた量になっているので安心です。

 

ショウガ葉酸 前期のサプリ・後期のサプリ

【前期のサプリ】

赤ちゃんの先天性異常や障害を防ぐため、「葉酸」を厚生労働省推奨の400μg配合。

【後期のサプリ】

お腹の赤ちゃんの成長とともに不足する「鉄分」を増量し、お母さんの貧血を予防。

この時期になると「葉酸」は240μgで十分になる。

めぐみさん

これは助かる!
時期に合った配合量だから、私たちも安心して飲むことができるわね。

 

ショウガ葉酸公式サイト

まとめ

生姜の有効成分「ショウガオール」で冷えを予防する効果のある葉酸サプリ「ショウガ葉酸」をご紹介しました。

    • 妊娠するために身体を整えたい
    • サプリの過剰摂取に気をつけたい

という方におすすめできる葉酸サプリです。

 


ショウガ葉酸公式サイト

Twitter始めました◎

こちらの記事も読まれています