子どもにインフルエンザの薬「タミフル」を飲ませるスムーズな方法

こんにちは、こんです。

うちの子どもがインフルエンザにかかった時の話です。ぐったりしている子どもを見て、早く治してあげたいけれど・・苦い薬が厄介でした。

試行錯誤して薬(タミフル)を飲ませた方法を紹介します!

吸入薬が使えない年齢だった

実は、子どもがインフルエンザにかかる前に夫婦揃ってインフルエンザにかかりました。(全員予防接種は受けたのですが、負けました・・😅)

私たち夫婦に処方された薬は「イナビル」という吸入薬。

イナビルのメリットは一度の吸入で投薬が完了すること。何日も薬を飲む必要がないので、本当に楽でした。

ですがデメリットは、うまく吸入ができないと服薬は失敗になってしまうこと。一般的に、イナビルの処方は吸入が成功する5歳ごろからのようです。

うちの子どもはまだ5歳未満。吸入薬は難しいとの判断で、食後に飲む粉薬「タミフル」を処方してもらいました。

タミフルはとにかく苦い・・!

薬局で薬剤師さんに、「薬をジュースに混ぜてあげても良いですか?」と質問したところ、

「いやいや!タミフルは苦いのでお水が無難ですよー」と言われました。

調べてみると、タミフルは小児用でも苦味が強く組み合わせが悪い(より苦味を感じる)ものもありました。

❌苦味を強く感じてしまうNGなもの

・乳酸飲料

・バニラアイス

・りんごジュース

 

⭕️苦味が感じにくく飲ませやすいもの

・チョコアイス

・いちごヨーグルト

・ココア

私は危うくりんごジュースに混ぜようとしていました!

おくすり飲めたね チョコレート味も効果的らしいです。今回はすぐに用意ができたいちごヨーグルトチョコアイスを試してみることにしました。

いちごヨーグルト

うちの子は、とにかくいちごヨーグルトが大好き。いつも食べているいちごヨーグルトに混ぜてみました。

試しに少し食べてみると・・うーん、苦い気がする。嫌な予感がしましたが、食べさせてみると・・

「もう食べられない・・・」

うちの場合、いちごヨーグルトはダメでした。。

チョコアイス

次はチョコアイス!

薬を飲ませることを第一に、たっぷり入れました。

このぐらいまで混ぜました。

試しに一口食べてみると、これはあまり苦味が気にならない!ヒヤヒヤしながらあげてみると・・

「チョコなら食べられる!」

ホッとひと安心です。その後も、タミフル入りチョコアイスは安定して食べてくれました!

まとめ

熱が高かったこともあり、冷たいアイスが美味しかったのかもしれません。

その子の好みがあると思いますが、苦味をまろやかにしてくれるチョコアイスはなかなかオススメです。タミフルの飲ませ方で迷った時は、是非試してみてください。