よく読まれている記事はこちら
ウムリンのエビデンスは?不妊治療(体外受精)にも期待の研究論文

こんにちは、こんです。

約4年間の不妊治療(体外受精)の経験から、妊娠するためには「卵子の質」が重要だと痛感した私。

このサイトでは、卵子の質を改善する「ウムリン配合umu」という妊活サプリをおすすめしています。

この記事では、

こん
ウムリン配合umuのエビデンス(医学的な根拠)ってどうなんだろう?

というポイントについてまとめてみました!

医師も驚く!有効成分「ウムリン」の発見

ニワトリの産卵率が飛躍的にアップ

ウムリン配合umu開発のきっかけは、和歌山県にある老舗梅干し屋「紀州ほそ川」でした。

ニワトリの品質向上のため開発された梅の抽出物をニワトリに与えたところ、

  1. 生存率が高くなる
  2. 老化による品質低下が抑えられる
  3. 葉酸濃度が30%アップ

という効能とともに、ニワトリの産卵率が飛躍的に向上したのです。

この結果は「不妊に悩む女性の基礎妊娠力を改善できるのでは?」と考えられ、医科大学との共同研究が始まりました。

卵子の「顆粒膜細胞」を保護する効能が実証

この結果に最初は半信半疑だった大学病院の医師たち。

しかし、妊活中の女性が梅の抽出物「有効成分umulin」を摂取する実験を行うと、卵子の顆粒膜細胞死がない質の良い卵子が育ったのです。


画像:ウムリン定期便同封資料

こん
変性のない質の良い卵子は、受精や着床の確率が高まります!

「有効成分umulin」が医学会誌に発表

「有効成分umulin」は、レディースクリニックの医師協力のもと臨床研究を重ね、「日本着床学会誌に論文が掲載されました。

ウムリン掲載の研究論文

日本受精着床学会誌014Vol.31No.1号
医療文献検索サイト「メディカルオンライン」

その後、第三者機関の審査を受け、ついに「ウムリン配合umu」として販売されました。

ウムリン配合umuの実績・受賞歴

ウムリン配合umuの学会発表と医学論文実績

  • 【2014年】umulinの不妊治療に対する有用性について学会発表:有効成分の発見についてNHKで放映
  • 【2015年】umulinの一部成分特定についての国際論文発表(英字):医大研究チームにおける一部成分特定と有効性のメカニズム解明について。
  • 【2016年】umulin単独利用による有用性の確認
  • 【2017年】umuinの有用性に関する第三者における再現性の論文発表:第三者機関での治療でも効能が十分に示唆
  • 【2019年】umuinの有用性に関して第三者機関での治療でも効果が確認。論文が学会で発表予定。

ウムリン配合umuの受賞歴

  • 県知事賞
  • 安藤百福賞
  • 地域経済総合研究所 ちいき経済賞
  • 独立行政法人中小機構 地域資源活用事業認定
  • 経済産業省 農商工連携88選
  • 農林水産省 フードアワードニッポンアクション入賞  他

めぐみさん
すごい!とても幅広い分野から、ウムリン配合umuの効能が認められているのね!

ウムリンは不妊治療にも効果が認められている

現在レディースクリニックで指摘される不妊の原因として「原因不明」が約50%もの割合を占めています。

こん
「明確な不妊原因がわからない」「2人目は妊娠しづらい」と悩む方は原因不明不妊の可能性があります。

実は、最近の研究で「原因を特定できない不妊症」の多くは卵子の質の老化が原因だということがわかってきました。

卵子の質が老化する原因は、

  1. ホルモンの不足
  2. 顆粒膜細胞の機能不全
  3. 卵母細胞の残数がゼロ

という3つの理由があり、ウムリン配合umuは②の顆粒膜細胞の機能不全を防ぐ効能があります。

顆粒膜細胞を守るウムリン

ウムリン配合umuが顆粒膜細胞を守ることで、「ホルモンを取り込む」「卵巣や卵子に指示を出す」といった卵子の成熟をスムーズに行うことができます。

卵子が成熟する流れ

  1. 健康な顆粒膜細胞がホルモンの源「DHEA」を取り込み、卵巣刺激ホルモン「FSH」が卵巣に指示を出す。⇒卵胞が発育。
  2. エストロゲンにより子宮内膜がフカフカな状態に。受精卵を迎える準備が始まる。
  3. 顆粒膜細胞は卵子と情報交換をし、卵子の成熟等を調整する。

ウムリン最安値「ウムリン定期便」
2,980円

ウムリン配合umuを最安値で購入できる「ウムリン定期便」の同封資料に、体外受精で治療中の難治性不妊治療患者の方が

  1. DHEA(女性ホルモンの元)
  2. umulin(商品名:ウムリン配合umu

を同時に服用した研究の結果が載っています。

こん
「難治性」とは、治療を複数回受けても結果に結びつかなかった患者さんです。

(⬇︎)DHEAとウムリン配合umuを併用した3rdステージに注目!

なんと、他のどの方法でも妊娠しなかった6人中4人が妊娠したのです。


画像:定期便の資料をもとに筆者作成

(⬇︎)受精率もDHEAとウムリン配合umuを同時に摂取した時に優位に上昇。

(⬇︎)今まで「変性の受精卵」だった方も、DHEAと梅(商品名:ウムリン配合umu)を併用したことで、変性が見られない「質の良い卵子」に育っています。

これらの注目すべき効能があることから、ウムリン配合umuは現在うつのみやレディースクリニックで実際の不妊治療に使用されています。

当院院長が、梅抽出物UMULINを配合する「umu」を飲用された体外受精患者様での受精率、妊娠率の向上、効果について論文、学会等で発表しております。

受精率、妊娠向上率について立証されているサプリメント梅抽出物UMULINを配合する「umu」だけです。(梅酢や単なる脱塩濃縮梅酢では効果は確認されていません。)

当院では、当院で治療中の患者様にだけ販売しています。
その他の方につきましては株式会社紀州ほそ川創薬(旧:ワノミライカ株式会社)のホームページよりご購入ください。

引用:うつのみやレディースクリニック公式サイト


ウムリン配合umu公式サイト

まとめ

ウムリン配合umuのエビデンスについてご紹介しました。

妊活サプリ選びで最も重要なことは、

  • サプリの安全性
  • サプリの有効性

ではないでしょうか?

実際にレディースクリニックで使用されているウムリン配合umuは、どちらの条件もクリアし安心して飲むことができます。

自宅で「卵子ケア」が継続できる妊活サプリとして、検討してみてはいかがでしょうか。

 


ウムリン配合umu公式サイト

Twitter始めました◎

こちらの記事も読まれています