↓よく読まれている記事はこちら↓
【最新版】エルゴベビー専用防寒ケープ(カバー)の選び方

こんにちは、こんです。

寒い季節、抱っこ紐やベビーカーを使う赤ちゃんに用意してあげたいのが「防寒ケープ」です。

今回は、人気の抱っこ紐 エルゴベビー専用の防寒ケープ2021年モデルをご紹介します。




エルゴベビー防寒ケープ 2021年モデル

公式サイトの防寒ケープ特設ページに、とってもわかりやすく載っているのですが(笑)私なりにまとめてみました😊

まず、防寒ケープの種類は6種類になります。

真冬の防寒向き冬の防寒向き
ウィンター・マルチプルダウンカバー/リモンタウィンター・マルチプルダウンカバー/メランジウィンター・マルチプルカバー
ウインター・マルチプルダウンカバー/リモンタウインター・マルチプルダウンカバー/メランジウインター・マルチプルカバー
¥16,500¥11,000¥8,690
秋〜肌寒い時向き天候も重視のオールシーズン向き
ウィンター・ライトダウンカバー/リモンタオールウェザーダウンカバーオールウェザーカバー
ウインター・ライトダウンカバー/リモンタオールウェザーダウンカバーオールウェザーカバー
¥16,500¥13,200¥11,000

【真冬も安心】ウィンターマルチプル「ダウン」カバー

真冬の防寒向き

ウィンター・マルチプルダウンカバー/リモンタ カーキウィンター・マルチプルダウンカバー/メランジ グレー
ウインター・マルチプルダウンカバー/リモンタウインター・マルチプルダウンカバー/メランジ
¥16,500¥11,000

この2つは、中綿にたっぷりとダウンを詰めている真冬も安心タイプです。

2019年モデルから新登場したウインター・マルチプルダウンカバー/リモンタは、イタリアの老舗ファブリックメーカー『リモンタ』のセカンドライン、リモンタイーストの定番素材ケミラを使用

ウィンター・マルチプルダウンカバー/リモンタ ベビーカー

欧米の著名ブランドに長く定番で使われている「軽量ポリエステル」の軽さと上品な光沢にも注目のモデルです。

より暖かく感じるのは「メランジ」モデル

ウィンター・マルチプルダウンカバー/メランジ ボア

入っているダウンの量や、配合の割合(ダウン90%、フェザー10%)は変わらないものの、赤ちゃん側にボアを使っていることから、メランジモデルの方が、より暖かさを感じるモデルだと言えます😊

ウィンター・マルチプルカバー

冬の防寒向き

ウィンター・マルチプルカバー/グレー
ウインター・マルチプルカバー
¥8,690

先ほど紹介した2つのタイプとは違い、中綿にダウンは入っていないものの、中空糸ボアを使いふわっと暖かなウインター・マルチプルカバー

ダウン入りのものと比べると暖かさには劣りますが、ダウンのタイプよりもお求めやすい価格が魅力です。

ウィンター・ライトダウンカバー/リモンタ

秋〜肌寒い時向き

ウィンター・ライトダウンカバー/リモンタ ホワイトシャニー
ウインター・ライトダウンカバー/リモンタ
¥16,500

きめ細かさと強い光沢感が特徴の「リモンタイースト」の生地を表側に使用したウインター・ライトダウンカバー/リモンタは、秋口から使える薄手のタイプです。

ウィンター・ライトダウンカバー/リモンタ ホワイトシャニー

ウィンター・マルチプルダウンカバー/リモンタよりもダウンの量が少ないタイプなので、ちょっと肌寒い秋口や春先にも使いやすいですよ。

同じ生地感で「真冬もしっかりと防寒したい!」という方は、ウインター・マルチプルダウンカバー/リモンタを選びましょう。

「オールウェザーカバー」シリーズ

天候も重視のオールシーズン向き

防寒に加え、レインカバー機能も兼ね備えた「オールウェザータイプ」は2種類あります。

ダウン入りダウン無し
オールウェザーダウンカバーオールウェザーカバー
オールウェザーダウンカバーオールウェザーカバー
¥13,200¥11,000

オールウェザーダウンカバー

オールウェザーダウンカバー ネイビー
オールウェザーダウンカバーは、レインカバー(単体)ダウンカバー(単体)、2つを合わせた保温力抜群の防寒カバーという、計3通りの使い方ができるモデルです。

ダウンカバーの詰め物にはダウン90%、フェザー10%を使っており、ふわふわダウンが暖かい空気を逃さず優れた保温性を発揮します。

\ダウンカバーとレインカバーは取り外し可能/

オールウェザーダウンカバー 取り外し

※ ダウンカバー単体で使用する時は、前向き抱き・ベビーカー装着はできないのでご注意ください。

オールウェザーカバー

オールウェザーカバー グレー

ダウンが入っていないタイプ「オールウェザーカバー」も、レインカバーとして、防寒カバーとして、2つを合わせて計3通りの使い方ができます。

ダウンは入っていないものの、身体の熱をつかまえて逃がしにくい「高機能中綿素材シンサレートTM」を使用しています。

「オールウェザーカバー」シリーズは、暑い時期のレインカバーとして使えるのが売り!

DADWAYのお客様窓口に問い合わせたところ、エルゴベビー専用の防寒ケープはどのタイプも優れた撥水加工(テフロン加工)を施されているので、撥水加工に差はないそうです。

しょうこさん
「オールウェザータイプが撥水が優れている」という訳ではないのね!
そうなんです◎
オールウェザーシリーズの魅力としては、防寒カバーとレインカバーを取り外すことができるので、寒くない時期のレインカバーとして活用できるという点です。

ダッドウェイさん
「天候が悪く、肌寒い日も多い梅雨時期のお買い物に役立った」というお客様が多い印象です。

 

エルゴベビー専用の防寒ケープはこちら

2018年モデルと最新モデルの違いは?

ウィンター・ライトダウンカバー/リモンタ お母さんと赤ちゃん

エルゴベビー公式の防寒ケープは、毎年少しづつ仕様が進化しています。

現在、2018年モデルの2018ウインター・マルチプルダウンカバー/ウールライクという商品が、¥12,100¥6,050(税込)と50%OFFになっています。

Check!

ネイビーは売り切れのようですが、ブラックは再入荷リクエストを受け付けています。
※2020年11月19日 現在

防寒ケープの暖かさは最高レベルの星4つなので、冬場の防寒に使いたい方にはおすすめです。

ただし、2018年モデルは前向き抱っこ時の装着はできません。

2019年モデル以降は前向き抱っこにも対応しているので、OMNI360を使っている方は最新モデルがおすすめです。

前向き抱っこの時は必要ないので、価格を抑えたい!という方は「2018年モデル」も検討してみてくださいね。

2018ウインター・マルチプルダウンカバー/ウールライク

まとめ

こどもとくらす 管理人こん

2021年最新版のエルゴベビー防寒ケープをご紹介しました。

寒い季節の防寒対策として、雨の日の対策としても重宝すること間違いなし!

私も息子が小さい頃使っていましたし、周りのお母さんも使っている方をよく見かけました。

ボアのタイプは内側もフワフワで、使っていないお母さんにも好評でした😊

今年は、使い勝手の良いウィンターブランケットや、自転車の後部座席でも使える乗りもの用ケープも販売されています。

冬の防寒対策として、ぜひ検討してみてくださいね◎

 

エルゴベビー専用防寒ケープはこちら

Twitter始めました◎