【比較】セリアで無印のパスポートケースそっくりアイテム発見!

こんにちは、こんです。

無印のパスポートケースといえば、袋分けのように家計管理ができる!とSNSで人気ですよね。

無印 パスポートケース

こん
私も家計管理に使っています!

そんな無印のパスポートケースとそっくりなアイテムを、100円ショップのセリアで発見しました。

無印のものと比較をしながら紹介していきます!

無印「パスポートケース」とセリア「6リングバインダー」の違いは?

セリアの「6リングバインダー(グレー)」「6リング用ジッパーリフィル(クリア)」です。

人気商品、無印の「パスポートケース」との違いを詳しく見ていきましょう。

左が無印のパスポートケース(1980円 税込)、右がセリアの6リングバインダー(110円 税込)です。

素材は、無印がポリエステル素材の布地、セリアはつるっとしたポリエステル素材です。

(⬇︎)サイズはセリアの方がやや大きめ。リフィルの大きさで見ると結構違いますよね。

無印 セリア
セリア(右)の方が余裕を持ってお金を入れられる。

次に内側を見ていきます。

セリアのケースはフラットなのに対して、無印のケースにはポケットがたくさんついています。

\無印のケースには収納がたくさん/

ペンホルダー ポケット
チャック付きポケット 持ち手

こん
ポケットや持ち手は無印のみ。
価格にかなりの差はありますが、収納性でいうと無印の方が勝っていますね。

最後に縫製の部分です。

左が無印。右がセリアです。

やはり無印の方が端の始末が丁寧な印象です。

「細部まで綺麗なケースが良い」という場合は、無印を選ぶと無難かもしれません。

無印のパスポートケースにセリアのリフィルは入れられる?

無印のケースにセリアのリフィルは入るのかな?と思って試してみると、

う〜ん!金具と穴のサイズ・場所が違うので、やはり使えませんでした。

それぞれ合わせて揃えましょう◎

セリアの6穴バインダーファイルで家計管理!私の使い方

リフィルにラベルを貼っていきます。

6穴リフィル

無印の方には「食費」を1週〜5週に分けて入れているので、セリアの方には「医療費」「日用品費」「光熱費」を入れることにしました。

セリア 6穴リフィル

セリア 6穴リフィル2

こん
ケースもリフィルも100円だということを考えると、個人的には十分な作りです!

まとめ

 

無印のパスポートケースとセリアの6穴バインダーの比較でした。

もともと、無印の方は「パスポートケース」として販売したところ「家計管理にも使える!」と人気になった商品なので、お札を入れた時のピチピチ感(特に横幅)は感じます。

一方セリアのケースは、「家計管理をすることも考えて作られた」商品だと思うので、お札を入れるバインダーとしてもゆとりがあります。

機能性(ポケットの部分)や縫製、価格など、あとはお好みになってくるかなと思います。

私は無印とセリアの二刀流で(笑) 家計管理頑張りたいと思います◎

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事