【比較】セリアで無印のパスポートケースそっくりアイテム発見!

こんにちは、こんです。

無印のパスポートケースといえば、袋分けのように家計管理ができる!とSNSで人気ですよね。

無印 パスポートケース

こん
私も家計管理に使っています!

 

そんな無印のパスポートケースとそっくりなアイテムを、100円ショップのセリアで発見しました。

無印のものと比較をしながら紹介していきます!


セリアの6リングバインダー

セリアの6リングバインダー(グレー)と6リング用ジッパーリフィル(クリア)です。

こん
見てすぐに「無印のパスポートケースそっくり!」と思いました。
まずはリフィルにラベルを貼っていきます。

6穴リフィル

 

無印の方には食費を1週〜5週に分けて入れているので、セリアの方には「医療費」「日用品費」「光熱費」を入れることにしました。

ラベリングはピータッチで◎

セリア 6穴リフィル

セリア 6穴リフィル2

こん
いやぁ・・ケースもリフィルも、100円だということを考えると十分な作りです!

無印「パスポートケース」とセリアのケースの違いは?

例の人気商品、無印の「パスポートケース」との違いを詳しく見ていきましょう!

左が無印のパスポートケース。価格は1980円(税込)。
右がセリアの6リングバインダー。価格は110円(税込)です。

素材は、無印がポリエステル素材の布地、セリアはつるっとしたポリエステル素材です。

 

サイズはセリアの方がやや大きめです。リフィルの大きさで見ると結構違いますよ。

セリア(右)の方が余裕を持ってお金を入れられる。

 

次に内側の比較です。

セリアのケースはフラットなのに対して、無印のケースにはポケットがたくさんついています。

 

ペンホルダー ポケット
チャック付きポケット 持ち手

こん

ポケットや持ち手は無印のみの仕様です。

 

かなり価格に差がありますが、収納性でいうと無印の方が勝っていますね。

最後に縫製の部分です。
左が無印。右がセリアです。
やはり無印の方が端の始末が丁寧な印象ですね。ただし、セリアの方も縫い目がジグザグなどということはないので、個人的には気にならなかったです◎

無印のパスポートケースにセリアのリフィルは入れられるのか?

比べてみると、ケースの機能性と作りの丁寧さは無印、リフィルのゆとりはセリアが良いということがわかりました。
無印のケースにセリアのリフィルが入れば一番良い!と思って試してみると、
う〜ん、残念😅やはりサイズが合わなかったです。それぞれ合わせて揃えましょう◎

まとめ

無印のパスポートケースとセリアの6穴バインダーの比較でした。
もともと無印の方は「パスポートケース」としての販売だったので、お札を入れた時のピチピチ感は仕方ないんですよね。
一方セリアのケースは、おそらく無印の人気を受けて作られたので、お札を入れるバインダーとしてもゆとりがあります。

 

ポケットの部分や縫製、価格などなど!あとはお好みになってくるかなと思います。

私は無印とセリアの二刀流で(笑) 家計管理頑張りたいと思います😄

 

ではでは!




おすすめの記事